ニュース

「同僚の尻にコンプレッサーで空気を注入」は過去にも!事件まとめ

同僚の尻にコンプレッサー

「同僚の尻にコンプレッサーで空気を注入」過去の事件まとめ

2020年3月7日昼、Twitter上で「同僚の尻」という謎のワードがトレンド入り!


原因となったのは、こちらのニュースでした。

とま子
とま子
何これこわ…

実は同様の事件は過去にも起きていて、今回の「同僚の尻」トレンド入りで話題になっています。

過去の事件をまとめてみました!

「同僚の尻にコンプレッサー」2020年3月の事件

エアコンプレッサー(空気圧縮機)で同僚の体内に空気を入れて負傷させたとして、茨城県警神栖署は7日、同県鹿嶋市宮中、会社員、高橋直樹容疑者(41)を傷害容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、6日午後2時ごろ、同県神栖市内の勤務先で、同僚の派遣社員の男性(32)=神栖市=の肛門付近に、業務用の空気圧縮機をズボンの上から押しつけて空気を注入する暴行を加え、負傷させたとしている。

同署によると、男性がその場に倒れたため、高橋容疑者が119番した。男性は救急搬送されて入院中で、重傷とみられる。

ライブドアニュースより

とま子
とま子
悪ふざけだったのかな…




「同僚の尻にコンプレッサー」は過去にも起きていた!

Twitter上では、過去にも同じことがあったと発言している人が多数見受けられました。

では過去に起きたのはどんな事件だったのか、調べてみました!




2017年12月の事件

2017年12月16日に起きた事件では、被害者が亡くなっています。

埼玉県杉戸町の産業廃棄物処理場で、この処理場に勤務する47歳と36歳の男が、同僚社員(44)の肛門から体内に空気を入れる「悪ふざけ」をした。

被害を受けた男性は、空気を入れられたことにより内蔵を圧迫され、死亡。2人は傷害致死の疑いで逮捕された。

エキサイトニュースより




2018年7月の事件

2018年7月の事件でも、被害者は死亡。

茨城県龍ケ崎市内の建設機械製造会社の工場で、34歳の社員がネジ締めなどに使うエアコンプレッサーを同僚社員(46)の肛門に当て、空気を注入した。

同僚社員は体調不良を訴え、救急搬送。肺を損傷しており、死亡してしまった。この犯人も「悪ふざけをしていた。死ぬとは思わなかった」等と話しており、エアコンプレッサーの怖さを認識していなかった様子。このケースでは、ズボンの上から吸気を注入し、かなりの風圧で、被害者の肺を損傷してしまった。

エキサイトニュースより

とま子
とま子
「ズボンの上から」が今回と一緒だね…

電動エアコンプレッサーとはこういうもの。絶対に人には使用しないようにしましょう!

\1,980円分のレッスンが無料/


\ダイエット中でも大丈夫!/

\ラクして健康/

\自粛太りに!/

created by Rinker
¥59,800
(2020/07/07 21:18:58時点 楽天市場調べ-詳細)

(売り切れる可能性があるためご了承ください)