ニュース

麹町文子とは誰?政経ジャーナリスト?PRESIDENTの安倍首相批判記事で話題!

麹町文子って誰?

政経ジャーナリスト麹町文子って誰なの?

2020年4月22日、ある記事に書かれた言葉「橋下総理」がTwitter上でトレンド入りするなど話題になりました。

同時に注目を集めたのが、この記事の著者である「麹町文子」という名の政経ジャーナリストです。

麹町文子とは一体何者なのでしょうか?

麹町文子って誰?PRESIDENT執筆記事一覧!

2020年4月22日現在、「麹町文子」の名前で書かれた記事は4つあります。

いずれも『PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)』上で公開されています。

更新日時 記事
2020/03/31 15:00 遅くてショボい…安倍政権のコロナ対策は、民主党の震災対策と変わらない
2020/04/10 09:00 「遅すぎる緊急事態宣言…」一番恐ろしいのはコロナじゃなくて安倍晋三
2020/04/16 15:00 コロナ危機で総理への道が見えた小池百合子、「無能確定」の安倍晋三
2020/04/22 11:00 これが対コロナ最強布陣「橋下総理、小池長官、吉村厚生相」
とま子
とま子
全部安倍さんへの批判記事だ…!

ちなみに、プレジデントの本社があるのは麹町駅のすぐそばです。




麹町文子は誰かのペンネーム?

この著者が「麹町文子」という名前で記事を執筆し始めたのは、コロナウイルス感染拡大後の3月末。

しかも他の媒体への投稿が一切ないことから、「麹町文子」はペンネーム(変名)であると考えられます。

元々ジャーナリストとして活躍している人物が偽名を使っているの可能性もありますが、今のところ正体はわかっていません。

とま子
とま子
誰なんだろう…




麹町文子は一橋文哉の真似?

「麹町文子」と聞いて、「一橋文哉」を思い出す人も多いようです。

一橋文拓哉(いちはしふみや)は、本名非公開のフリージャーナリストです。

東京都生まれ。早稲田大学卒業後、全国紙・雑誌記者を経てフリージャーナリスト。1995年、「ドキュメント『かい人21面相』の正体」でデビュー。グリコ・森永事件、3億円強奪事件、宮崎勤事件、オウム真理教事件など殺人・未解決事件や闇社会が絡んだ経済犯罪をテーマにしたノンフィクション作品を手掛けている。著書に『三億円事件』『ヤミに消えた怪人――グリコ・森永事件の真相』『オウム帝国の正体』(以上、新潮文庫)、『世田谷一家殺人事件』『最終増補版 餃子の王将社長殺人事件』(以上、角川文庫)などがある。

東洋経済オンラインより

Wikipediaによれば、

  • 個人ではなく複数記者による取材班のチーム名とも言われている。
  • 内容には過剰な創作表現や盗作が含まれるとの声もある。

とのことです。

created by Rinker
小学館
¥1,760
(2020/07/13 22:08:15時点 Amazon調べ-詳細)

とま子
とま子
この人の真似なのかな…?
\1,980円分のレッスンが無料/


\ダイエット中でも大丈夫!/

\ラクして健康/

\自粛太りに!/

created by Rinker
¥59,800
(2020/07/13 21:24:03時点 楽天市場調べ-詳細)

(売り切れる可能性があるためご了承ください)