イベント

天神祭2020は中止・延期に!最新情報まとめ

天神祭2020は中止・延期に!最新情報まとめ

大阪の天神祭2020は中止・延期になる?

2020年夏に開催予定だった東京オリンピックが1年延期になることが決定しました。

大阪の夏の風物詩といえば天神祭です。

天神橋筋商店街を中心に歩くみこしと、川沿いに打ち上げられる花火とずらっと並ぶ屋台で、人が密集します。

大阪の花火大会と言えば天神祭奉納花火という方も多いのではないでしょうか。

本記事では、天神祭2020は中止や延期になるのか?

2020年の天神祭・天神祭奉納花火大会について、最新情報をまとめていきたいと思います。

天神祭2020は中止・延期になる?開催日程は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

日々淡々(@ming_jalanjalan)がシェアした投稿

2020年4月13日現在、令和2年の天神祭の一部中止について発表されました

【開催予定日時】

2020年7月25日(土)
19:30~20:50

毎年募集される天神祭名物のギャルみこしは中止が決定しました。

ギャルみこしとは

1981年、地域の振興と大阪文化の高揚、明るく楽しい街づくりを目指して、第1回天神祭ギャルみこしを開催。

昔からみこしを担ぐのは男性だったが、天神祭ではいち早く女性も参加できるようになった。

15歳(中学生は不可)から30歳で体力に自信のある健康的で元気な女性を毎年募集し、オーディションが開催されるほど人気。

そして船渡御や陸渡御、花火の中止も発表されました。

大阪天満宮の中で執り行われる神事は神職のみで実施されます。




天神祭奉納花火大会2020は何発?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kaung Khant Zaw(@_kaung_khant_zaw_)がシェアした投稿

6月下旬吉日 – 7月25日の約1か月間にわたりいろいろな行事が行われる天神祭。

25日の本宮の夜は、大川(旧淀川)に多くの船が行き交う船渡御(ふなとぎょ)が行われ、奉納花火があがります。

毎年楽しみにしている方も多く、関西各地から多くの人が集まります。

昨年の打ち上げ花火の玉数は約5000発でした。

毎年テレビ中継もされ、花火がある日はとても多くの人で混雑します。




天神祭の混雑予想は?

天神祭は天神橋筋商店街の中を歩いたり、花火もある川沿いに屋台が出ていたりと、狭い範囲に多くの人が密集した状態になります。

最寄り駅で明るい時間からでもすごい人がいるのがわかりますね。

東京オリンピックをはじめ、夏の大きなイベントも次々中止になっています。

そのことから、人が集まる花火や屋台などの行事は全て中止となりました。




天神祭2020の中止・延期についてのSNSのみんなの予想は?

天神祭・天神祭奉納花火2020の開催について、中止や延期が発表されてからのSNSでの意見をまとめました。

とま子
とま子
今年は残念ですが、来年が楽しみです!
\1,980円分のレッスンが無料/


\ダイエット中でも大丈夫!/

\ラクして健康/

\自粛太りに!/

created by Rinker
¥59,800
(2020/07/08 21:19:12時点 楽天市場調べ-詳細)

(売り切れる可能性があるためご了承ください)