ニュース

100日後に死ぬワニは実話?ネズミくんが作者でワニくんが友達?

100日後に死ぬワニは実話?作者はネズミくん?

100日後に死ぬワニは実話なの?作者はネズミくん?

Twitterで話題の『100日後に死ぬワニ』が、2020年3月20日、ついに100日目を迎えました!

ワニくんは予告通り最期を迎えたと思われるのですが、このストーリーが作者の実体験にもとづいた実話なのではないかと言われています。

書籍化・グッズ化・映画化などまだまだ盛り上がりそうな『100日後に死ぬワニ』。

ワニくんは作者の友達で、作者自身がネズミくんだという噂は本当なのでしょうか?検証していきたいと思います。

犬山紙子が“100日後に死ぬワニ”の二次創作(考察)の結末は?Wiki荒らしも!なりすましも!

犬山紙子のワニの考察
犬山紙子の“100日後に死ぬワニ”の二次創作(考察)の結末は?Wiki荒らしも!なりすましも!犬山紙子が“100日後に死ぬワニ”の二次創作(考察)の結末は? 2020年3月20日、夜19:00に“100日後に死ぬワニ”がいよ...

100日後に死ぬワニは実話?ネズミくんが作者でワニくんが友達?

作者きくちゆうきさんの公式サイトである「STUDIO KIKUCHI」の「ABOUT」ページには、0歳から現在に至るまでの生い立ちが書かれています。

その中で、20歳のところに「友達が事故に遭い亡くなる」という記述が。

20歳、悟空であり、一緒にプリクラ撮りに行ったりした友達が事故に遭い亡くなる。
めちゃくちゃ泣く。
数ヶ月落ち込む。
ある時、何か出来ないかと思い、絵をまた描き始めた。

ノートパソコンを買い、絵を描いて、mixiにUPしてバイトして、の日々が続き、あるイベントを企画している人からメッセージが来る。
それが初めて自分の絵を展示して他人に見てもらった時でした。

そこから絵を描いている友達が出来て、色んなイベントにも出てあーだこーだバイトだなんだ就職だなんだかんだ退職だそーだあれやそれやあって

27歳…イラストレーターとして独立
LINEスタンプがクリエイター個人で販売出来るようになったりデザインフェスタに出てグッズを売ったり個展したりなんだして、
今に至る。

STUDIO KIKUCHIより

これが、『100日後に死ぬワニくん』が実話なのではないかと言われている理由です。

実話だとすれば、ワニくんが亡くなった友人で、ネズミくんが作者自身だと考えることができます。

とま子
とま子
あり得るよね…

漫画ではあまりにリアルな日常が続くため、この情報なしでも実話なのではないかと予想している人もいました。




100日後に死ぬワニは実話?100日目の考察まとめ!

『100日後に死ぬワニ』の最終話「100日目」はこちら。

この結末を見ると、ワニくんは交通事故で亡くなったと思われます。

ネット上には様々な考察が飛び交っています。

まず、同じ交差点の名前が2度出てくることで

  1. ワニくんはすぐ近くまで来ていた
  2. ワニくんを轢いたのはネズミくん

の2つの説が。

とま子
とま子
実話を基にして漫画を描いているなら②ではなさそうだよね。

「プップー」にはこんな解釈も。

その他、ネズミくんが送った「よくね?」がワニくんのものと思われるスマホには表示されていないことも憶測を呼んでいます。

今後、真相は明かされるのでしょうか?

4月8日発売の書籍版『100日後に死ぬワニ』には、100日後の後日譚などの描き下ろしも収録されるそう。

↓現在予約受付中です。

とま子
とま子
要チェックだね!
\楽天お得情報/

\GoToキャンペーンで最大半額/

\自粛太りに!/

created by Rinker
¥59,800
(2020/09/19 22:05:05時点 楽天市場調べ-詳細)

(売り切れる可能性があるためご了承ください)