ドラマ

ドラマ『探偵・由利麟太郎』原作・キャストは?読み方は「ゆりりんたろう」!

探偵由利麟太郎(ゆりりんたろう)原作キャストあらすじ放送日

ドラマ『探偵・由利麟太郎』原作とキャストが気になる!

吉川晃司さんが、『探偵・由利麟太郎』で地上波連ドラ初主演を務めることが発表されました!

吉川晃司さんの役名でドラマのタイトルでもある「由利麟太郎」の読み方は「ゆりりんたろう」です。

ドラマ『探偵・由利麟太郎』の原作とはどんな作品なのか?ドラマの放送日・キャスト一覧・あらすじと共にまとめていきます!

ドラマ『探偵・由利麟太郎』の原作は?読み方は「ゆりりんたろう」!

ドラマ『探偵・由利麟太郎』の原作は、昭和を代表するミステリー作家・横溝正史氏による小説。

「由利麟太郎シリーズ」と呼ばれる作品がいくつかあり、中でも一番有名なのは戦後初の本格長編小説『蝶々殺人事件』です。

こちらは1998年にもテレビ朝日の土曜ワイド劇場で『名探偵由利麟太郎 蝶々殺人事件』として映像化されています。

その際の由利麟太郎役は、石坂浩二さんでした!

今回のドラマの原作となっているのは、以下の作品です。

▼第1話「花髑髏」

created by Rinker
KADOKAWA
¥880
(2020/07/07 09:42:50時点 Amazon調べ-詳細)

▼第2話「憑かれた女」

created by Rinker
KADOKAWA
¥836
(2020/07/07 09:42:51時点 Amazon調べ-詳細)

▼第3話「殺しのピンヒール」(『銀色の舞踏靴』)

created by Rinker
¥2,970
(2020/07/06 18:34:37時点 Amazon調べ-詳細)

▼第4話・第5話「マーダー・バタフライ」(『蝶々殺人事件』)

created by Rinker
KADOKAWA
¥946
(2020/07/07 11:36:44時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥2,970
(2020/07/07 09:42:52時点 Amazon調べ-詳細)

同シリーズには、他に『真珠郎(しんじゅろう)』『仮面劇場』という映像化済みの作品もあります。

ただし、その際は由利麟太郎の役割が同じ作者の生み出したキャラクター・金田一耕助に置き換えられていました。

created by Rinker
¥673
(2020/07/06 18:34:38時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥337
(2020/07/07 09:42:53時点 Amazon調べ-詳細)

とま子
とま子
だから「シリーズ初連ドラ化」なのか!




ドラマ『探偵・由利麟太郎』の放送日はいつ?

ドラマ『探偵・由利麟太郎』は、6月16日から5週にわたり、関西テレビ系火曜午後9時の枠で放送されます。

とま子
とま子
関東だとフジテレビで放送だね!
放送日時
第1話「花髑髏」 2020年6月16日(火)21:00~
第2話「憑かれた女」 2020年6月23日(火)21:00~
第3話「殺しのピンヒール」 2020年6月30日(火)21:00~
第4話「マーダー・バタフライ前編」 2020年7月7日(火)21:00~
第5話「マーダー・バタフライ後編」 2020年7月14日(火)21:00~

新型コロナウイルスの影響で春ドラマの撮影がストップしている中で発表された本作ですが、すでに撮影済みとのことで放送の延期等はありませんでした。




ドラマ『探偵・由利麟太郎』キャスト一覧

ドラマ『探偵・由利麟太郎』の主なキャスト一覧です。

役名 キャスト
由利麟太郎(ゆりりんたろう) 吉川晃司
三津木俊助(みつぎしゅんすけ) 志尊淳
等々力(とどろき)警部 田辺誠一
波田聡美(はださとみ) どんぐり
山岸克平(やまぎしかっぺい) 木本武宏
日下瑠璃子(くさかるりこ) 新川優愛(1話ゲスト)
長田成哉(1話ゲスト)
吉岡エマ(よしおかえま) 水上京香(2話ゲスト)
赤楚衛二 (2話ゲスト)
名越優美(なごしゆみ) 村川絵梨(3話ゲスト)
名越恭介(なごしきょうすけ) 浅利陽介(3話ゲスト)
原さくら(はらさくら) 高岡早紀(4話・5話ゲスト)
原聡一郎(はらそういちろう) 大鶴義丹(4話・5話ゲスト)
土屋恭蔵(つちやきょうぞう) 鈴木一真(4話・5話ゲスト)
相良千恵子(さがらちえこ) 吉谷彩子(4話・5話ゲスト)
小野竜彦(おのたつひこ) 佐野岳(4話・5話ゲスト)
浅原(あさはら)警部 板尾創路(4話・5話ゲスト)
水沢林太郎 (4話・5話ゲスト)




由利麟太郎(吉川晃司)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】探偵・由利麟太郎(@ktvyuri)がシェアした投稿

ある事件をきっかけに警視庁を退職した由利は、学生時代を過ごした京都に住まいを移し、今では、殺人者の行動、心理を分析する“犯罪心理学者”として活躍。その一方で、警察からの依頼を受け、事件の捜査を手伝っている。由利の捜査方法は、「ひたすらに事件現場を観察し続けること―」。あまり多くを語らない物静かな男だがその洞察力と論理的思考は天才的

Yahoo!ニュースより

▼コメント

“由利麟太郎”をやらないか? とお話をいただいたとき、面白い挑戦だなと思いました。そもそも、普通のドラマをやるのなら、僕には声を掛けないでしょう(笑)。伝統ある東映京都撮影所を拠点として、職人技を持ったスタッフの方々と一緒に、映画のようなスケールとこだわりで撮影できたことに、手応えを感じています。
由利は、心の奥底に深い孤独を抱えながら、人生をさすらっている男。セリフよりも、横顔や後ろ姿で、彼の生きざまを醸せればと思いながら演じました。
ちょっと不思議な手触りの作品になっていると思うので、楽しみにしていてください。

公式サイトより




三津木俊助(志尊淳)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】探偵・由利麟太郎(@ktvyuri)がシェアした投稿

志尊演じる俊助はそんな由利を崇拝するあまり、自分の小説を書くことよりも、由利の活躍を記録するWEBサイト『由利麟太郎の事件簿』の運営に力を入れているというキャラクター。事件現場でも、助手として由利とともに行動し、物静かな“静”の由利に対し、よくしゃべる“動”の三津木の名コンビが次々と起こる怪事件をともに推理していく。

Yahoo!ニュースより

▼コメント

ミュージシャンとしてのパフォーマンスはもちろんのこと、一人の人間としても、なんてかっこいいんだろう、ついていきたいと感じていた僕の気持ちと、由利麟太郎先生についていきたいと思う三津木くんの気持ちがリンクしているように感じました。
そんな二人の色濃く、コミカルなバディーが、いろんな角度から事件の謎を解決していきます。
撮影を経て、僕と吉川さんの距離が縮まったのと同じように、どんどん近くなっていく由利先生と三津木くんのバディー感もお楽しみに。

公式サイトより




等々力警部(田辺誠一)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】探偵・由利麟太郎(@ktvyuri)がシェアした投稿

▼コメント

僕たちの永遠のアニキ・吉川さんの華麗なる由利麟太郎、かわいくクレバーな志尊くん、3人で毎日濃密な芝居ができた日々は、とても貴重で幸せな時間でした。心に残る数々のドラマを生み出してきた監督とカンテレのスタッフ、歴史ある東映太秦撮影所の技術、それらが京都の風景の中、横溝正史の独特な世界観を作り出します。見たことのないドラマになっているかと思います。全5話、多くの方に見ていただけるとうれしいです。

公式サイトより

波田聡美(どんぐり)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】探偵・由利麟太郎(@ktvyuri)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】探偵・由利麟太郎(@ktvyuri)がシェアした投稿

▼コメント

オファーを頂いた時は、本当にうれしくてすぐにお返事させていただきました。自分の人生の中で吉川晃司さんとご一緒させて頂けることがあるとは、夢にも思ってなかったです。見て頂いている方が、「ミステリーなのに…アレ?なんか変なんがいるぞ?」と思って頂けるような、ドラマの中に、ほっとする感じが出るといいなと思います。

公式サイトより

山岸克平(木本武宏)

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】探偵・由利麟太郎(@ktvyuri)がシェアした投稿

▼コメント

吉川晃司さん主演のドラマに末席ながらも出演できることが恐縮すぎます。が…共演シーンはありませんので、放送されたら改めて感動すると思います。
そして、自由にやらせて頂いた木村監督に感謝です。が…「お好きにどうぞ」。これほど怖い言葉はない!

公式サイトより




ドラマ『探偵・由利麟太郎』各話あらすじ

ドラマ版『探偵・由利麟太郎』全5話のあらすじをまとめていきます。

公式サイトには「横溝作人独特のおどろおどろしい、奇怪な殺人事件を現代風に新解釈!」とあったので、原作とは違った内容になっていそうです。

昭和を代表するミステリー作家・横溝正史による戦後初の本格長編小説「蝶々殺人事件」を含む「由利麟太郎」シリーズを初めて連続ドラマ化。吉川は元警視庁捜査一課長という経歴を持つ白髪の名探偵・由利麟太郎に扮(ふん)し、志尊淳演じるミステリー作家志望の青年・三津木俊助とバディを組んで数々の怪事件を解決していく。原作のおどろおどろしい奇怪な世界を現代風に新解釈し、京都を舞台に新たな名コンビによるホラーミステリーとなる。

INTERNET TVガイドより

ドラマ『探偵・由利麟太郎』第1話「花髑髏」あらすじ

由利麟太郎は、元捜査一課長の名探偵。頭脳明晰で優秀な刑事だったが、ある事件をきっかけに退職し、現在は京都に暮らしている。

由利を「先生」と呼んで慕うミステリー作家志望の三津木俊助を助手に、犯罪心理学者として活躍しながら警察からの依頼で事件の捜査を手伝っている。

そんな由利の元に、ある日“花髑髏”と名乗る人物から殺人予告のメールが届く。指定された場所へ向かうと、そこで血が滴る冷凍庫を発見。中には、遺伝子研究者として知られる日下瑛造の養女・日下瑠璃子が全身を縛られ、血を流した状態で閉じ込められていた。

瑠璃子がまだ生きていることを確認した由利は救急車を呼び、冷凍庫の持ち主・日下瑛造の屋敷へと急ぐ。由利の大学時代の同期である京都府警の等々力警部と合流し、俊助が人影を見たという屋敷の2階へ駆け上がると、瑛造の息子・瑛一の部屋と思われる部屋で、大量の血が付着したダウンコートを発見する。

さらに研究室では、日下瑛造が胸に短刀を突き立てられ、無残な姿で見つかる。由利は、遺体の傍らに置かれた血で真っ赤に染まった頭蓋骨が気になり…?

\2週間無料トライアル/
FODプレミアム
FODプレミアム




ドラマ『探偵・由利麟太郎』第2話「憑かれた女」あらすじ

※わかり次第追記します。

\1,980円分のレッスンが無料/


\ダイエット中でも大丈夫!/

\ラクして健康/

\自粛太りに!/

created by Rinker
¥59,800
(2020/07/06 21:18:54時点 楽天市場調べ-詳細)

(売り切れる可能性があるためご了承ください)