ミステリー

監禁88日間の記録!アメリカの13歳少女ジェイミーに起きた恐怖の実話

アメリカ13歳少女88日間監禁

2020年2月13日の『土曜プレミアム・目撃!超逆転スクープ5 殺人者の微笑み』で特集されたのは、アメリカの恐怖の実話。

『消えた13歳の少女を追え!恐怖の監禁88日間の全記録』

2018年10月に、アメリカの13歳少女ジェイミー・クロスの身に起きた88日間の監禁の実話。

13歳の少女に起きた恐怖の監禁88日間の記録をまとめました。

同じ番組で取り上げられたもうひとつの事件についてはこちら↓

世紀の悪女ビクトリア!母を殺害された娘ナディアの900日の追跡結果は?

世紀の悪女ビクトリアナシロワ
世紀の悪女ビクトリア!母を殺害された娘ナディアの900日の追跡結果は?世紀の悪女ビクトリアの事件が気になる! 2020年2月15日(土)21:00~『目撃!超逆転スクープ5 殺人者の微笑み』が放送され...

監禁88日間の記録!アメリカ13歳少女に起きた実話

『土曜プレミアム・目撃!超逆転スクープ5 殺人者の微笑み』での特集内容はこちら。

■ 消えた少女、恐怖の監禁88日間

2018年10月、アメリカ・ウィスコンシン州の民家で惨劇が起こった。

通報を受けた警察が駆け付けると、夫婦の射殺体が発見された。

しかし一人娘のジェイミー・クロス(13歳)の姿はどこにもない。

銃を持った謎の男によって両親を殺され、誘拐されたのだ。

警察は行方不明のジェイミーを捜索し、ボランティア2000人も協力したが、手掛かりは見つからなかった。

ジェイミーは100km以上離れた山小屋に連れ去られ、監禁されていたのだ。

犯人はジェイク・パターソン(21歳)。

登校中のジェイミーを見かけて誘拐を決意し、入念に計画を立て実行に及んだのだった。

果たしてジェイミーは、この生き地獄のような監禁生活から生還できるのか。

Yahoo!ニュースより引用

アメリカ在住のジェイミー・クロスという13歳の少女が、21歳の犯人ジェイク・パターソンによって88日間監禁されていたという事件。

詳しくみていきます。




消えた13歳の少女を追え!恐怖の監禁88日間の全記録

アメリカ・ウィスコンシン州。

21歳のジェイク・パターソンは、スクールバスで登校中の13歳少女ジェイミー・クロスを見かけ、誘拐を計画した。




両親を殺害され誘拐されたジェイミー

2018年10月15日、ジェイク・パターソンはジェイミー・クロスの家に侵入し、父ジェームズ・クロスを射殺。

ジェイミーと母のデニースは浴室のバスタブに身を潜めて隠れていた。

通報を受けた警察が駆けつけた時には、夫婦の射殺体を発見。

しかし、1人娘のジェイミー・クロスが見つからなかった。

ジェイミーは犯人のジェイク・パターソンに誘拐されてしまっていた。

88日間の監禁生活

犯人は彼女を車のトランクに押し込んで、ジェイミーの家から65マイル先(約104キロメートル)離れた山小屋に連れ去った。

ジェイミーを監禁していることが周囲にバレないようにし、食事も水も与えなかったことも。

何時間もベッドの下に閉じ込め、逃げられないように重しをつけていた。

その監禁生活はなんと88日間にも及んだ。




監禁からの脱出

2019年1月10日。

ジェイク・パターソンが留守にした数時間を狙って、ジェイミーは逃げ出した。

犯人の生活習慣をチェックしており、隙を見て逃げ出したのだった。

ソーシャルワーカーの1人がジェイミーの顔をニュースで見て覚えていたので、無事に警察に保護された。

ジェイミーが逃げ出した後日、ジェイク・パターソンは逮捕され、自分が犯人だと自白した。




犯人への判決


2019年5月24日。

当時13歳のジェイミー・クロスを誘拐し、88日間監禁したジェイク・パターソンに判決が言い渡された。

ジェイミーの両親を殺害し、有罪を認めたジェイク。

ウィスコンシン州では死刑は認められておらず、殺人罪では2件とも終身刑。

ジェイミーの88日間の監禁罪では40年の禁固刑が言い渡された。

両親を殺害され誘拐された13歳のジェイミーは判決には出席していなかった。

代わりに家族がジェイミーの陳述書を法廷で読み上げ、犯人に終身刑を要請していたと、CNNは報じている。




監禁88日間で変わってしまった13歳の少女の生活

ジェイミーは陳述書でこう語っていたそうです。

「いまでは家の警報をセットしないと眠ることができません。

以前は友達と外出するのが好きでした。

学校に行くのが好きで、ダンスを踊るのが好きでした。

彼はそれらすべてを私から奪ったのです」

「いまの私には表に出ることなどできません。

怖くて、不安でたまらなくなるのです。

私のような女の子ならごく当たり前にやるようなことですが、私にはできません。

彼にすべて奪われてしまったからです」

「ジェイク・パターソン被告は決して私を打ち負かすことができません。

私は、彼が背負うべきだと思う刑罰を判事に伝え、彼に打ち勝ったと感じています。

彼は私の両親を奪いました。

私の好きだったこともほとんど奪いました。

88日間、彼は私自身も奪おうとしました。

彼は自分が傷つける相手、殺す相手が誰だろうと気にも留めませんでした」

https://rollingstonejapan.com/articles/detail/30987より引用

「彼は永遠に牢屋に入れておくべきです」と、陳述書を締めくくりました。

88日間も監禁されたジェイミーだったが、勇気、活力、そして自由は犯人も奪うことができませんでした。

「自分がやったことを取り消すことができるなら、どんなことでもやるでしょう。

死んだってかまわない。

2人を生き返らせることができるなら、それこそなんでもやります」

https://rollingstonejapan.com/articles/detail/30987より引用

一方、犯人のジェイク・パターソンはこう言っていたそう。

弁護士は有罪答弁に免じ、情状酌量を訴えました。

しかし判事はジェイク・パターソンを最も危険な人物の一人とし、終身刑を言い渡したのでした。

2020年2月13日の『土曜プレミアム・目撃!超逆転スクープ5 殺人者の微笑み』で放送されたもう一つの事件は別記事でまとめています。

世紀の悪女ビクトリア!母を殺害された娘ナディアの900日の追跡結果は?

世紀の悪女ビクトリアナシロワ
世紀の悪女ビクトリア!母を殺害された娘ナディアの900日の追跡結果は?世紀の悪女ビクトリアの事件が気になる! 2020年2月15日(土)21:00~『目撃!超逆転スクープ5 殺人者の微笑み』が放送され...
\1,980円分のレッスンが無料/


\ダイエット中でも大丈夫!/

\ラクして健康/

\自粛太りに!/

created by Rinker
¥59,800
(2020/07/04 21:18:36時点 楽天市場調べ-詳細)

(売り切れる可能性があるためご了承ください)