ドラマ

『微笑む人』ドラマと原作の違いは?衝撃の結末も比較!【ネタバレ】

微笑む人ドラマと原作の違い

『微笑む人』ドラマと原作の違いは?結末(ラスト)が衝撃!

2020年3月1日に、テレビ朝日にて『微笑む人』の2時間ドラマが放送されました!

映像化不可能と言われていた作品のドラマ化だけに、放送前から注目が集まっていましたよね。

『微笑む人』のドラマと原作はどこが違っていたのか?衝撃の結末とは?

ネタバレも含めてまとめていきます!

『微笑む人』のドラマと原作の違いはどこ?

『微笑む人』の原作は小説です。ここでは2020年ドラマ版と原作との違いについて解説します。

created by Rinker
¥682
(2020/10/01 05:53:59時点 楽天市場調べ-詳細)

ネタバレなしのレビュー記事はこちら↓

『微笑む人』(貫井徳郎)あらすじ感想レビュー【ネタバレなし】

微笑む人感想レビュー
『微笑む人』(貫井徳郎)あらすじ感想レビュー【ネタバレなし】2020年春に松坂桃李さん主演でドラマ化することが決定した貫井徳郎さんの小説『微笑む人』。 松坂桃李さん主演、尾野真千子さ...

ドラマ版の脚本家は、『アンフェア』の原作者として知られる秦建日子さん。

今回のドラマのラストには、原作者の貫井徳郎さんもかなり驚いたようです。

「原作そのままよりはアレンジしたほうが面白い作品になるのでは、と思っていたので、脚本を秦建日子さんが担当してくださると聞いたときは、『それならば僕が思いつかなかったようなアイデアを足して映像化していただけるのでは!』と楽しみになりました」と貫井氏。秦氏が用意した驚がくのラストを読み「なるほど!とびっくりしましたよ。テレビの前で気軽に視聴し始めた方々も、引き込まれるような展開で、満足感を得られるようなラストになっているのではないでしょうか!」と、太鼓判を押しました。

テレビ朝日公式サイトより




『微笑む人』のドラマと原作の違い①登場人物

ドラマ版には、原作小説には登場しないキャラクターが多数登場していました。

▼ドラマ版オリジナルキャラクター(名前だけが違う人物は除く)

  • 鴨井晶(事件の真相を追う週刊誌記者)
  • 井上肇(週刊誌『週刊海潮』のデスクで、晶の上司)
  • 佐藤邦男(仁藤俊美の取り調べを担当した、神奈川県警津田原警察署の刑事)
  • 滝沢孝一(仁藤が収監されている神奈川県横浜拘置所の刑務官)
  • 鴨井拓郎(晶の夫で、晶に代わり家事や育児もこなす)

一番重要な語り手である週刊誌記者の鴨井晶(尾野真千子)の役割を担うのは、原作では小説家の「私」です。

そのため、晶の周囲の人物は全てドラマ版オリジナルキャラクターとなっています。

また、ドラマでは「手へんに少ないの抄子(しょうこ)」というセリフが何度も出てきましたが、原作での妻の名前は「翔子」です。

とま子
とま子
ドラマ内で仁藤が読んでいた『春琴抄』と掛けたかったんだね!
created by Rinker
¥396
(2020/10/01 05:53:59時点 楽天市場調べ-詳細)




『微笑む人』のドラマと原作の違い②ストーリー

結末以外のストーリーの大筋は基本的に原作と同じでした。

ですが、2時間にまとめるためなのかわかりやすくするためなのか、少し設定が違う(省かれている)部分も。

例えば、小学校時代の事件の前に、原作ではお風呂場に隠れた仁藤に性的虐待を目撃させるというシーンがありますが、ドラマ版では描かれませんでした。

また、大学時代に事故死した友人・松山のゲーム機について、ドラマでは仁藤が当時の恋人に「形見分けでもらった」と話したことになっていましたが、原作では警察に「自分で買った」と主張します。

友人の中里が松山のゲーム機と同じところに傷がついたゲーム機を仁藤が使っているところを目撃し、事故に疑問を持つ警察に話すという設定です。

その他にもいくつか省略されたり人物名や内容が変更されている証言がありました。

とま子
とま子
ドラマでは仁藤本人のセリフがかなり多い印象!




『微笑む人』のドラマと原作の違い③結末

ドラマ版の結末は、晶が不倫をしていた夫を殺害するという衝撃的なものでした。

その直前、晶は夫の微笑みが仁藤のものとそっくりだと気づきました。

とま子
とま子
ドラマのラストで仁藤が読んでいた小説のタイトルが『晶子曼荼羅』(「しょうこ」ではなく「あきこ」)だったのも怖かった…。

原作では、語り手である「私」がショウコ(ドラマ版のカスミ)の微笑みが仁藤の笑みに似ていると気づくところで終わります。

ドラマではカスミの証言を仁藤本人に否定されカスミと連絡が取れなくなりましたが、原作はショウコとカスミ(後に本名はショウコだと判明)という2人の人物が登場し、両方と音信不通になるという展開。

どちらも事件の真相がわかるわけではなく、モヤモヤが残る結末となっています。

この作品のテーマ『世間の人たちは、自分がわかる範囲だけで“わかった気”になっている』(原作者談・テレビ朝日公式サイトより)はどちらにも共通していますね。

とま子
とま子
個人的にはドラマの方がわかりやすかった!!!




『微笑む人』のドラマキャストは?

役名 キャスト
仁藤俊美役 松坂桃李
鴨井晶役 尾野真千子
井上肇役 生瀬勝久
佐藤邦男役 福田転球
滝沢孝一役 田中要次
梶原敬二郎役 阿部亮平
保坂 保役 薬丸翔
カスミ役 佐藤乃莉
鴨井拓郎役 小久保寿人
カスミの幼少期 田牧そら
仁藤亜美菜役 池谷美音
とま子
とま子
豪華キャスト!




『微笑む人』のドラマの考察・感想は?SNSまとめ

「読んだ後モヤっとする」でお馴染みの『微笑む人』。

ドラマ版でもみなさんモヤモヤしたようで、SNS上でも考察されている方がたくさんいました!

感想としては「モヤモヤした」という声がやはり多く、主演の松坂桃李さんの演技を絶賛されている方も多かったです。

とま子
とま子
映画級のクオリティだったよね!

ドラマを見て原作が気になった方は、ぜひ読んでみてください!

created by Rinker
¥682
(2020/10/01 05:53:59時点 楽天市場調べ-詳細)




\楽天お得情報/

\GoToキャンペーンで最大半額/

\自粛太りに!/

created by Rinker
¥59,800
(2020/09/30 23:28:38時点 楽天市場調べ-詳細)

(売り切れる可能性があるためご了承ください)