『白鳥とコウモリ』原作ネタバレあらすじ!犯人・結末も!

『白鳥とコウモリ』の原作ネタバレが読みたい!犯人は誰?

この記事では、東野圭吾さん作『白鳥とコウモリ』のネタバレあらすじを結末まで書いていきます。

created by Rinker
¥2,200
(2021/05/17 20:16:03時点 Amazon調べ-詳細)

幸せな日々は、もう手放さなければならない。

遺体で発見された善良な弁護士。
一人の男が殺害を自供し事件は解決――のはずだった。
「すべて、私がやりました。すべての事件の犯人は私です」
2017年東京、1984年愛知を繋ぐ、ある男の”告白”、その絶望――そして希望。
「罪と罰の問題はとても難しくて、簡単に答えを出せるものじゃない」
私たちは未知なる迷宮に引き込まれる――。

作家生活35周年記念作品
『白夜行』『手紙』……新たなる最高傑作、
東野圭吾版『罪と罰』。

Amazon商品ページより

『白鳥とコウモリ』原作ネタバレあらすじ!犯人・結末も!

※以下、重大なネタバレが含まれます。

捜査開始

東京で白石健介という弁護士が殺された。

ナイフが刺さったままの遺体が発見されたのは、違法駐車されていた車の後部座席。

殺害現場は隅田川テラスと見られ、現場からは血の付いた被害者のスマートフォンが見つかった。

GPSの位置情報の履歴から、被害者は事件当日を含め3回富岡八幡宮の隣のコインパーキングに車をとめていたことが判明。

刑事の五代は所轄の中町と共に捜査をすることになった。

2人は依頼人や元依頼人、弁護士仲間など様々な関係者たちから話を聞くが、白石は人に恨まれるような人物ではないという。

また、誰に聞いても白石と隅田テラス・富岡八幡宮といった場所の共通点は見つからなかった。

五代は本部からの命令で倉木達郎という人物に会いに愛知県安城市に向かうことに。

倉木は白石の法律事務所に一度だけ電話をかけていたのだが、本人によればただの法律相談が目的で、会ったことはないと言う。

しかし、五代は倉木の家の中に富岡八幡宮のお札が貼られているのを発見し、倉木を疑い始める。

五代からの質問に、倉木は高円寺に住む息子に会いに東京に行くことがある、お札は人から貰ったが誰から貰ったのかは忘れてしまったと答えた。




30年前の事件

東京に戻った五代は、中町と共に倉木の息子・倉木和真に会いに行く。

和真によれば、父は2~3ヶ月に一度上京し、日付が変わってから部屋にやってきて翌朝一緒に朝食をとったら別れるのだという。

五代たちはこの話から、倉木達郎の上京の目的は「女」なのではないかと考える。

そして、聞き込みの捜査員たちにより倉木が門前仲町の『あすなろ』という小料理屋に通っていたことがわかった。

そこは浅羽洋子織恵という母娘がやっている店で、五代と中町はさっそく話を聞きに行く。

すると、母の洋子から「私の夫は警察に殺されました」という思わぬ告白をされる。

事件が起きたのは30年以上前の愛知県。

殺害されたのは灰谷昭造という男で、事件の3日後に福間淳二(洋子の夫)が逮捕された。

その4日後、福間は留置所内で首吊り自殺により亡くなったのだった。

五代たちはこの事件について知るため、元捜査員の松村に話を聞きに名古屋へ向かう。

被害者の灰谷は悪徳商法に加担しており、容疑者は騙された

松村が個人的に保管していた当時の捜査資料を元に、事件について詳しく聞くと、




30年前の事件

\楽天お得情報/

 

\楽天トラベルならポイントも貯まる/

ここからクーポンを取得して予約する 

 

\特別版も販売中/

(売り切れる可能性があるためご了承ください)