ジャニーズ

【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage24話(最終話)のネタバレあらすじ内容は?感想も!

嵐ネトフリvoyage24話ネタバレ書き起こし

嵐ドキュメンタリーVoyage24話(最終話)のネタバレあらすじが気になる!

Netflix(ネットフリックス)オリジナルの嵐のドキュメンタリー番組『Voyage』第24話が2021年2月28日17:00より配信されます!

2021年2月25日現在、Netflix Japan Youtubeにて予告動画が公開されています。

この番組はNetflixで限定配信されています!

気になるVoyage24話のあらすじやネタバレ内容をまとめていきたいと思います。

↓前回第23話はこちら

【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage23話のネタバレあらすじ内容は?感想も!

嵐ネトフリ23話ネタバレ
【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage23話のネタバレあらすじ内容は?感想も!嵐ドキュメンタリーVoyage23話のネタバレあらすじが気になる! Netflix(ネットフリックス)オリジナルの嵐のドキュメンタ...

【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage第24話あらすじは?

第24話のタイトルは「We are ARASHI」。(46分53秒)

活動休止の発表以前から、約2年にわたり嵐に独占密着。2019年12月31日から、その活動の裏側とリアルな今の想いを追ったエピソードを毎月配信してきた本作。その最終話は、嵐の旅路-Voyage-の終着点、彼らが万感の思いで臨んだ無観客生配信ライブ『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』までの約半月、そのラストスパートの日々。そして当日、ライブを終えた直後の姿まで、その全てを見届けた「5人の最後の“日記(記録)”」。

Netflix公式チャンネルより




【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage24話のネタバレや内容書き起こし

ー2020年12月31日ー

ライブ映像(無音)

This is 嵐 LIVE 2020.12.31
無観客・生配信で開催

嵐は21年にわたる活動を休止した

そんな5人の最後の記録

ー2020年12月15日ー

レッスン風景(相葉)

ー2020年12月16日ー

レッスン風景(櫻井)

ー2020年12月19日ー

レッスン風景(二宮)

ー2020年12月20日ー

松本「明けない夜はないと信じてみたいなことって歌詞の引用でもありつつ、コロナに対してもそうだし年が明けるということも含めて自分たちも同じ時間が流れていくんだっていうことのなんか…」

ー2020年12月23日ー

レッスン風景(大野)

ー2020年12月25日ー

レッスン・控え室風景(メンバー全員)

ー2020年12月26日ー

音源のチェックをする松本

ー2020年12月27日 東京ドームー

演出についてスタッフに細かく指示を出す松本

ー2020年12月28日 東京ドームー

メンバーが会場入り。

リハーサル・衣装合わせの様子。

ー2020年12月29日ー

大野「ステージ見て思ったよね、最初。これが最後のステージかっていう感覚はあった。さっきのPIKA★★NCHI DOUBLEかな?映像背負って。あれはグッときたよね。当時のステージになってる。超思い出した昔のPVのなんかこんな感じだったなぁみたいなね。あれはグッときたな。あと今日入れて2日半ぐらいだけど、なんかいい意味で1週間ぐらいに感じるかなぁとかね。いろんなことは考えちゃうと思うし、時間はいい意味で長く感じるんじゃないかなとは思う。自分で今気づいてないとは思うけど、人生の中で味わったことないし一生味わわない境地にはきてるんだろうね。気持ちとかね。それが今じゃわかんないんだろうね」

相葉「あんまり言葉で表現できないかなー。味わったことないことだから。人生で初めての感覚というか。この気持ちを表現する言葉が見つからないから」

櫻井「昨日28ドームに行く日の朝、こんなに行きたくないドームは初めてだったね。玄関出たくねぇっつうか。着いちゃえばやることはリハーサルだから本番に向けてやらなければならないことだから。着いちゃうとそうでもないんだけど。行きたくねぇなぁと思ったのは初めてだったかな。昨日もアジア各国の人がありがとうのメッセージまとめてくれてたり。国内はもちろんだけど海外からもたくさんありがとうってもらえてジーンとしちゃうなーっていうのはあるけどね。きてほしくないなぁっていうのもちょっとあるし。でもずーっと前に立てたゴールテープ。さぁそれを切るぞって思いもあるし」

ー2020年12月30日ー

リハーサル風景

二宮「まぁ終わんないとわかんないよね。やってる最中も多分その気持ちはあんまり変わんないんじゃないかなーと思うけどね。明日になって何か変わるかって言うとおそらく変わんないんだろうなーと思うよね。やっぱり特別な日だからね。なるべく今ここで起きていることをみんなで共有するってことが重要な日だからね。それができないと意味がないと思ってずーっとみんな頑張ってスタッフの人たちもそうだけどやってるから。まだそこかな。届けることっていうのが重要だからね。あんま自分の感情論とかをそこまで…終わってからなんじゃないかなとは思ってるんだけどね。わかんないよね。そればっかりはね。やってみてどうなるんだろうねぇ。どうにもならんと思うけどなぁ。終わってみてなんじゃないかなぁ。本当に」

スタッフと打ち合わせする松本

松本「明日は全く別物だろうからね。一発しかないし細かいとこでちょっとずつカメラのアングルだったりスイッチのタイミングだったりとかちょっとしたことはノリで変わってっちゃうだろうから。それがいい範囲でいけるといいけど。でもそういう意味じゃ百戦錬磨っつうか俺らがずーっとやってきたチームだからね。カメラマンもスイッチャーも。このチームじゃなかったらこんなスピード感でできないし。ここまで粘らないだろうし。それはすごい感じるよね。なんか自分でセットリストを並べてるときもそうだし、そのセットリストをイメージしてどういう明かりでどういう動きでって想像しているときに感情の波がすごくあるからグッとくる瞬間だったりフラットに聴けるときがあったりとかって何度も聴いてきて。そのスイッチ入ったら俺もグッと来続けちゃうと思うんだけど。3年近くじゃない?ずっとこの日を想像して動いてきたからね。だからある種自分の中じゃ答え合わせっつうか。まぁそんな想定を軽く超えるだろうという気がするけど。だからまぁみんな準備もしてるから、後はもうやるだけっていう。細かいこと気にしないで。どんな感じかまじでわかんない。想像つかない」

ー2020年12月31日ー

This is 嵐 LIVE 2020.12.31
本番当日

移動中のメンバーそれぞれの様子。

移動中の車内でもスタッフと最終の打ち合わせをする松本。

二宮・相葉は無言。

櫻井「夢でもコンサートしてた。最後の挨拶で言おうとしてること間違えてへこむっていう夢。順番変わっちゃったっていう夢見てた」

大野「一個一個考えてはいるんだけどね。ちゃんと目覚ましかけて起きるのもこれで最後かとかさ。マネージャーの電話もこれで最後かとか思ってはいるんだけどね。なんかしっくりこないんだよねやっぱ。全部最後になってくるのは感じてはいるんだけど。ちゃんと気持ちとハマってるかっていうとハマりきれてない。まだ現実と思ってないんだろうね。でも早かったな今日まで。2週間ぐらいすっげー早かった。今思ったけど瞬間移動ぐらい早かった。数字で考えてたから。あと12日かぁあと8日かぁとか。ぱっと思ったらあ、あと1日じゃん。今で言ったら1日ないじゃん。12時間もないのか。はやっと思って。なんか不思議な気持ちになる。着いたぞ。頑張りますか、よし」

ー15:00ー

最終リハーサルの様子。

ー16:15ー

控え室でのメンバーの様子。

ー19:41ー

スタッフ「それではご移動をお願いします」

衣装に袖を通し会場へ向かうメンバー一同。

円陣。

デビュー時からの映像ダイジェスト。(BGM:The Music Never Ends)

松本「嵐って人生というよりはなんか夢なんだよね」
二宮「嵐かっけーなって思ったよね」
相葉「このグループのためだったらなんでもできるしね」
櫻井「5人じゃないとできないことってもう全部やり尽くそうと思ってて」
大野「どういう形でもいいから最後まで笑顔で。笑顔でいよ」
(これまでのVoyageより音声のみ)

ライブ冒頭
松本「We are ARASHI」




【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage24話の感想まとめ

SNS上のVoyage #24の感想をまとめました。

\楽天お得情報/

 

\楽天トラベルならポイントも貯まる/

ここからクーポンを取得して予約する 

 

\特別版も販売中/

(売り切れる可能性があるためご了承ください)