ジャニーズ

【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage23話のネタバレあらすじ内容は?感想も!

嵐ネトフリ23話ネタバレ

嵐ドキュメンタリーVoyage23話のネタバレあらすじが気になる!

Netflix(ネットフリックス)オリジナルの嵐のドキュメンタリー番組『Voyage』第23話が2020年12月30日17:00より配信されます!

2020年12月30日現在、Netflix Japan Youtubeにて予告動画が公開されています。

この番組はNetflixで限定配信されています!

気になるVoyage23話のあらすじやネタバレ内容をまとめていきたいと思います。

↓前回第22話はこちら

【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage22話のネタバレあらすじ内容は?感想も!

嵐ネトフリvoyage22話ネタバレ
【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage22話のネタバレあらすじ内容は?感想も!嵐ドキュメンタリーVoyage22話のネタバレあらすじが気になる! Netflix(ネットフリックス)オリジナルの嵐のドキュメンタ...

【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage第23話あらすじは?

第23話のタイトルは「2020年12月31日に向かう 後編」。(22分14秒)

本人たちのインタビューで全編構成され、5人それぞれの姿を正面と横から捉えるカメラワークのみで、純度100%の彼らの言葉と思いを掬いとる。2年以上前から“休止前最後の日は、ファンと共に、嵐のライブで締める”と決めていた彼らが、率直に、そして噛みしめるように語る横顔や切実な表情。まだ見ぬ新しい景色を、全力でファンに届けようとしている今、2020年12月上旬に収録された、ほぼ“時差のない”リアルな思いを伝える。

Netflix公式チャンネルより




【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage23話のネタバレや内容書き起こし

12月

Sho Sakurai

やっぱあのセット図見てワクワクするしさ。こんなん誰も見たことない。同業の他のアーティストの人たちが見たときに何だこれってなるんだろうなーっていうワクワク感ゾクゾク感ていうかさ。この2020年やろうとしてたこと結果できなかったこともあるけど、自分の中で大きいのは仰々しくいうとレガシー残したいっていうか自分の中であったから。数年後に振り返ったときにえーそんなすごかったのそんなだったのみたいなレガシー残したいっていうのがあったから今もすっげーワクワクしてるよね。31日の幕が下りたときに、ある種の達成感なのか寂しさなのか、とは全くの別軸で「ドヤ」っていうところなんだけどね(笑)まあ松潤が考えてくれてることだけど。This is 嵐っすっていう。それに尽きる。それをやり続けてきた20数年だったからさ、それの集大成ドヤの極みをお届けしたいよね。

何度も何度も話し合って自分たちで決めたことだから、寂しいとか悲しいとか言う権利はないと思っていたんだけど、このタイミングでファンの人が見てくれてるとするのならあえて伝えるとまあ寂しいよ。それは。個人の思いとしてね。嵐の総意じゃないけど。会見のときにニノが言ってたけど、僕らだけが先に走っちゃってもファンの人もついてこれないと思うから横に並んで歩くような思いでいけたらいいなぁみたいなことニノが言ってたと思うんだけど、その横に並んでっていう思いで伝えるならそりゃ俺も寂しいよってことかな。そんなこと言う権利ないと思ってるけどね。まあそれを伝えることで思いを重ねてもらえるならあえて伝えておきたいかなとも思う。

必ず正五角形じゃなくて、その辺の長さが変わったりしながらの五角形だったと思うんだけど、じゃあ今は何かって言ったら多分それが点になってんだと思うんだよなぁ。もはや辺もない。点になっちゃった。正五角形じゃないことがめちぇめちゃ面白いと思っていて。それが個性だから。おもしれえなぁと思いながらずっとやってきたけど、今はもはやひとつの点なんじゃないかなぁと思う。

Kazunari Ninomiya

あんま変化はないかなぁ。あと25日でしょ?そんなに気持ち的には変わってないかなぁやることやってきてるし。俺たちの気持ちも大事だけどやっぱり見てる人たちの気持ちっていうのもどうなっているのかなっていう心配じゃないけどそうやって考える時間はあるけどね。俺はあんまり自分のことはそんなに考えてなかったかなぁ。もちろん応援してる人からするとそんなに寂しいことはなかったりとか自分たちも辛い部分とか苦しい部分っていうのは箇所箇所で存在したかもしれないけども、俯瞰で見るとこんなに有り難い環境って実はないんだよね。だからなんか特にこの2年間より感謝の気持ちっていうのは強く働いてたよね。自分が向き合った時に出てきた感情が一番正しいと思うし、ただ5人で歌ったりなんだり1つの曲を表現している姿っていうのは現状最後になるわけだから、5人でいるってことをみんな見てもらいたいっていうことぐらいなんだよね。

初めてのことをやるっていうのはわりと冒険だからね。楽しくなるんだろうなっていうのは思うところだな。自分たちがその日にコンサートができるっていうことがすごいなと思うし、終わってからだと思うんだよそこらへんの思いっていうのは。だってやんなきゃいけないこといっぱいあんだもん。大変だよ、みんなも。

Satoshi Ohno

全部新鮮だからわからんのよね。配信生ライブも初だし、ステージも配信用の演出になってるのも初だし、最後だし、一発勝負だし、いやわからんね。絶対わかんないよね。自分の感情がどう動くのかもう全くわかんないね。わかるわけないよね。20年の最後だもんね。そりゃわかんないよね。わかんないままでいいと思うしね。Voyage始まったぐらいのときか、まだ発表前の自分とか見るとすげー抱えてんなこいつって思うもんね。発表してないしね。色んなもん溜め込んでたのがわかるよね。打ち合わせの自分の顔見てても。まぁ色んな感情になったよね。メンバーに打ち明けてから。そりゃなるよね。今までだと面白がるとか楽しむとか何かを決めて動いてきたと思うんだけど、確かに今何も考えてないかもね。不思議だよね。感情がないんだよね。色々自分でこうしようとかいう感情が無なんだよね。感情が動かないっつーか。実感してないからなんだと思うけどすごいフラットって感じ。いいことだよね。いいことだと思う。なんか構えたり作ったりってことじゃなく極力自然にいるかな。むしろ一番自然でいれてるかも。この20年の中で。なんか5人の気持ちっていうか整ってるじゃないけどなんか5人いてこういう形になったり(指でバラバラを表現)したときもあったけど今こんな感じじゃない?真横みたいな。一緒っていうイメージだよね。

Masaki Aiba

だいたいいつも目の前のことに一生懸命になってあんまり周り見えなくなっちゃうから、気づいたらライブ初日だとかライブが終わったとかさ。目の前のことに集中してると時間の流れがめちゃくちゃはやくて。今回もそうなのかなって思ったんだけど、今回はなんかやっぱり集中しながらもちょっと俯瞰で見てる自分もいるっていうか。なんか焼き付けてんだよね、多分。自分の中でこの時間っていうのを。無駄にしたくないなっていう思いはすごくある。お客さんだってどんな気持ちなんだろ。正直ね。ライブ楽しみだね!ていうテンションの方ももちろんいるだろうけど、それだけじゃない気がするからさ。俺らはほら一番嵐ファンなわけじゃん?メンバーが一番嵐のことファンなわけじゃん?そのメンバーの1人の僕の気持ちからするとさ、楽しみだねライブ頑張ろうねっていうだけじゃないっていうかさ。もちろん初めてのことで挑戦で技術的にも相当難しいことにチャレンジしようともしてるし。もちろんThis is 嵐ライブっていうライブを楽しむよ。それだけじゃないんだよなぁ。まあ当たり前だけどね。色んな感情が入り混じってるから。ひとつこう思いますっていうのがなかなか出てこないっていうかさ。でもライブはいいものにしたいっていうのはボンって出てくるけどね。何があっても意外と大丈夫なんだよな。この5人だと大丈夫なんだよなぁ。あの決断してよかったねってさ。人生の最期に思えたらいいな。止まっちゃダメだよね。ゆっくりでもいいから歩き続けないと。それだけはずっと思ってる。止まんないようにって。

Jun Matsumoto

4人が前にいる瞬間の背中を見るだけですごいくるものがあって、おー行ってこい行ってこい行ってこいみたいな感じ含めて、いいなぁって勝手に1人で振りVの撮影してるときに縦一列になったときにグッと来てて。なんてことない今まで何度やったのかわかんないようなフォーメンションだったりとか踊りだったりとか歌詞だったりとか歌うことだったり。その一つ一つが複雑な感情として波のように押し寄せてくるんだよね。でもその瞬間に思うのってこの5人最高だなぁってことで、この5人でよかったなって改めて思いながら踊ってました。今までだったら毎週会うの当たり前だったけど、会おうとしなかったら会う機会がなくなるってことだから。一旦ね。俺らがずっと走ってきた一旦の最後なんだとしたら、その瞬間を楽しみたいって思いが強いんじゃないかな。みんな。それを100%で思えるようになってるよね。俺ん中では20があってアラフェスがあってその後にこのThis is 嵐ライブっていうのがあるっていうこの並びってすげーなと思ってて。まだ進化するのかっていう感じがすると思うんだよね。何よりその日の自分たちの届けるメッセージだったり想いだったりっていうのも含めて、こんなスペシャルなライブはないだろうね。

いやーでも俺多分これが一番面白いと思うよ。まじで。ファンと共に過ごしてきた21年だから、やっぱファンの人たちと最後の瞬間を過ごしたいってイメージして2年も前からずっと話し合ってきたし、こんなに凝縮されたものになるとはっていうことができるんじゃないかなぁという感じがすごいしてる。だから見てくれる人たちも色んな思いはあるとは思うけどエンタメの力強さとか楽しさとかポジティブなメッセージっていうのを存分に味わってもらいたいし、寂しい部分はもちろんあると思うけど、それでも楽しんでもらいたいなーと思うね。

最高の形で12月31日を迎えられるんじゃないかな。なんかこう色んなこともあったけど、色んなものをある種削ぎ落としてって、すごいシンプルまメンバー愛とか嵐愛、嵐のファン愛とか自分たちの周りにある、自分たちもそうだしファンの人たちもそうだしスタッフのみんなもそうだし、みんなの愛のエネルギーみたいなのが集まるんじゃないかな。そういうライブになると思う。そういう日になると思う。その1曲1曲1つ1つの詞が俺らからのメッセージだから。楽しかったり嬉しかったりいいなぁと思ったり時に悲しかったり、そういうことも含めて色んな感情をごちゃ混ぜにして全部渡すから、それを受け取ってもらってみんながどう感じるか。




【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage22話・23話の感想まとめ

SNS上のVoyage #22・#23の感想をまとめました。




【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage追加エピソード配信はいつ?

2020年12月31日をもって活動休止となった嵐ですが、Voyageは2021年にも追加エピソードが配信されるとのこと!

※2021年1月30日追記

最終話となる24話が2021年2月28日17:00より配信されることが発表されました!

▼ネタバレはこちら

【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage24話(最終話)のネタバレあらすじ内容は?感想も!

嵐ネトフリvoyage24話ネタバレ書き起こし
【嵐ネトフリ限定ドキュメンタリー】Voyage24話(最終話)のネタバレあらすじ内容は?感想も!嵐ドキュメンタリーVoyage24話(最終話)のネタバレあらすじが気になる! Netflix(ネットフリックス)オリジナルの嵐のド...
とま子
とま子
まだ嵐が見られる!!!
\楽天お得情報/

 

\楽天トラベルならポイントも貯まる/

ここからクーポンを取得して予約する 

 

\特別版も販売中/

(売り切れる可能性があるためご了承ください)