バラエティ

石狩新港貨物船座礁事故とは?究極の決断の結果

石狩新港貨物船座礁事故とは?

石狩新港貨物船座礁事故の詳細が知りたい!

日曜ビッグバラエティ・九死に一生の大救出劇で取り上げられた2004年の石狩新港貨物船座礁事故についてまとめました。

▼航空救難団の救難員が最も過酷だったと語る救助…2004年11月13日北海道石狩新港で起きた貨物船座礁事故の救出劇を完全ドラマ化!
16名の乗組員を乗せた貨物船が強風にあおられ防波堤に激突し大破。3つに分断された貨物船…荒波と船から漏れ出すどす黒い重油が漏れ出した海…
隊員は極限状態で究極の決断を強いられる!

番組情報より

石狩新港貨物船座礁事故とは?

2004年の石狩新港貨物船座礁事故は、巨大貨物船が3つに割れた状態で乗組員16人が船に取り残された事故です。

人命救助の最後の砦と言われている航空自衛隊の航空救難団が派遣されました。

出動要請

2004年11月13日早朝、航空救難団に出動要請が入る。

キャリア20年の岡田隊員が1番機のヘリで現場に向かった。

現場では強風に流された貨物船が防波堤にぶつかり3つに割れていた。

強風で貨物船が大きく揺れ、支柱とワイヤーがヘリから船への降下を阻んでいる状況で、船に残された乗組員たちはすでに4時間以上波しぶきを浴びていた。

岡田隊員は救助具のみを船に降下し乗組員を避難させるという作戦を考えたが、風が強すぎで救助具が甲板に届かなかった。




救助活動

そんな中、6人の乗組員が波にさらわれた。

海に転落した乗組員の救助を優先し、岡田隊員は救助のために水温6度の海に入る。

するとそこには貨物船から漏れ出した大量の重油があった。引火する危険や意識消失の危険もあった。

重油で手が滑り救助がうまくいかない。そのとき、岡田隊員は頭部に船の残骸が激突し、気を失い重油を飲んでしまった。

危険な状態のため、岡田隊員だけがヘリに引き上げられ病院に運ばれた。

事故発生から5時間が経過。未だに乗組員16人は荒れ狂う海や沈みゆく船の中に取り残されていた。

現場に久保木隊員の乗る2番機が到着した。久保木隊員は海に投げ出された乗組員の救助にあたる。

重油があることを聞いていた隊員たちは慎重に救助を行う。しかし、船体が90度近く傾いてきた。乗組員たちは甲板に必死にしがみついている。




究極の選択

久保木隊員は船に残された人を救助するため傾いた船に降下した。

そのとき、力尽きた乗組員の1人が海に落下した。久保木隊員は甲板の乗組員を助けるか落ちた乗組員を助けるか究極の選択を迫られた。

久保木隊員は甲板に残された隊員を救助することを決意し、5人の乗組員を救助。

結果、乗組員16人のうち15人を救助し、後に6人が死亡、1人が行方不明となった。

\楽天お得情報/

 

\楽天トラベルならポイントも貯まる/

ここからクーポンを取得して予約する 

\PCR検査キット/

【卓上加湿器付き】2022オミクロン株対応版 PCR検査キット 新型コロナウイルス PCR検査 自宅で唾液を自己採取 医療機関より検査結果通知 医師の診療と来院が不要な新型コロナウイルスPCR検査キット【陰性証明書発行可能】 指定PCR検査医院:上野ロイヤルガーデンクリニック

(売り切れる可能性があるためご了承ください)
error: Content is protected !!