ドラマ・映画

【七人の秘書】7話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想や考察も。

【七人の秘書】7話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想や考察も。

『7人の秘書』ドラマ第七話のあらすじネタバレ!

木村文乃主演のテレ朝木曜9時のドラマ『七人の秘書』

2020年12月3日に第7話が放送されました。

『七人の秘書』ドラマの第7話のあらすじやネタバレについてまとめています。

ツイッターによせられた感想や考察についてもまとめました。

ネタバレがあるのでご注意ください。

【七人の秘書】ドラマ第7話の予告動画

『七人の秘書』第7話予告動画は公開されました。

『七人の秘書』第6話についてはこちらの記事でまとめています↓

【七人の秘書】6話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想や考察も。

【七人の秘書】6話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想や考察も。
【七人の秘書】6話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想や考察も。『7人の秘書』ドラマ第六話のあらすじネタバレ! 木村文乃主演のテレ朝木曜9時のドラマ『七人の秘書』。 2020年11月26日...




【七人の秘書】ドラマ7話のあらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

corvus albus🕊(@corvus_fuminist)がシェアした投稿

ここからはネタバレを含みます。

『七人の秘書』第7話のあらすじです。

 慶西大学病院 病院長秘書のパク・サラン(シム・ウンギョン)がラーメン店「萬」に姿を見せなくなった。

連絡すら取れない状況が続き、東都銀行 常務秘書・望月千代(木村文乃)は心配でたまらない…。

そんなある日、東都銀行 頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)が、「萬」に大学の後輩・中川由加里(伊原六花)を連れてくる。

何の前触れもなく突然、東都銀行の内定を取り消されてしまったとうなだれる由加里に、千代はその経緯を調査することを約束する。

するとそこに東京都知事秘書・風間三和(大島優子)が現れ、衝撃の事実を告げる…。

知事のことで病院に連絡したら、サランが退職していたというのだ。

さらに、心配になってアパートに行ってみたところ、すでに引っ越した後だったという。

サランが恩人の萬敬太郎(江口洋介)にも黙って姿を消したことに、千代は大きなショックを受ける…。

翌日、人事部に探りを入れた千代は、人事担当常務・高松新(相島一之)のトップダウンで由加里の内定取り消しが決定したことを知る。

さらに、由加里が父親から紹介され、衆議院議員で内閣府特命担当大臣・椎名七津子(凰稀かなめ)の選挙運動でウグイス嬢のアルバイトをしていたことが発覚。

高松、七津子ともに財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の秘蔵っ子であることに気づいた千代は、この内定取り消しには、政治が絡んだ裏があるとにらむ。

そんな折り、頭取・霧島和夫(小林隆)と高松から、粟田口との会食をセッティングするよう指示された千代は、裏で糸を引いているのは粟田口に違いない、と確信。

萬に「このままだと犠牲者が増えるばかりだから、決着をつけよう」と訴える。

しかし、人を人とも思わない粟田口の非情な手口によって奈落の底に突き落とされた過去をもつ萬は、千代を制止して…?

番組公式サイトより引用




【七人の秘書】ドラマ7話ネタバレ

一カ月前衆議院議員に当選した椎名七津子(凰稀かなめ)が、内閣府特命担当大臣に任命された。

南勝子が自分の思い通りにならないと知った粟田口は、秘蔵っ子の椎名を送り込んだのだった。

サランの行方

サランがラーメン店「」に姿を見せなくなった。

千代は心配して何度もメッセージを送るが、まったく連絡が取れない。

そんな中、また七菜が大学の後輩・中川由加里(伊原六花)を連れてきた。

突然、東都銀行の内定を取り消されてしまったとうなだれる由加里を見て、メンバーたちは原因を調べることに。

そこに、すごい勢いで三和が店に飛び込んできた。

なんとサランが病院の秘書を退職し、さらに引っ越しまでしていたと告げる。

恩人のにも黙って姿を消したことに、メンバーたちは動揺する。




取り消された内定

由加里の内定を取り消したのは、粟田口の秘蔵っ子である人事担当常務・高松新(相島一之)だと突き止める。

頭取の霧島と高松から、粟田口との会食をセッティングするように指示された千代は、粟田口の元に電話をかける。

電話を出た声に聞き覚えがあり、サランだと気付いたが電話を切られてしまう。

みんなには言えないまま、ラーメン屋「萬」で由加里から話を聞いていると、市議会議員の父の紹介で、椎名七津子の選挙運動でウグイス嬢のアルバイトをしていたことが発覚。

そのことが内定取り消しに絡んでいるのではと、不二子は何かを隠している様子の由加里に詰め寄る。

すると由加里は1日10万円のアルバイト代を渡されたことを打ち明けた。

返却しに行った由加里の元に、粟田口の指示で動くフリーライターの黒木が近づいてきて、父親について何かをにおわせてきたこともわかった。




千代の兄

粟田口が陰で糸を引いていたのがわかり、千代は決着をつけようと萬や五月に迫る。

千代はサランがそこに1人で飛び込んでいると訴え、2人は表情を変えるが「危険だ」と止めた。

居ても立っても居られない千代は、メンバーたちに粟田口をあぶりだそうと宣言し、手を貸してほしいと頼む。

萬への恩から、メンバーたちは行動を開始した。

一方、粟田口の秘書として働くサランは、運転手に粟田口の予定を伝える。

その運転手の顔を見たサランは驚いた。

それは行方不明になっている千代の兄、望月一男(マキタスポーツ)だった。

不正の証拠

椎名の事務所に清掃員として潜入した五月は不正の領収書とリストを入手。

不二子は後輩で特捜部にいる二瓶にそれらを手渡して、役立ててほしいと伝える。

由加里は父親に椎名からお金を受け取ったのかと聞くも、シラを切られてしまう。

家に潜んでいた七菜は三和が止めるのを聞かず、父親の前に飛び出した。

そして、娘が正しいことを貫いたため内定を取り消されたと訴える。

正しいことをしなさいと父に言われていたからその通りにしたと訴える由加里によって、お金を受け取っていたと告白した。

由加里の父親が他の議員に告発しようと呼びかけるが、粟田口が怖いため誰も動こうとしない。

突き飛ばされ倒れそうになった千代を受け止めたのは萬だった。

粟田口の秘書として働いていた萬のことを知っている議員たちは、萬の訴えにより告発する決意をした。




萬と五月の過去

7年前、粟田口を信じていた萬は秘書として懸命に働いていた。

当時、粟田口に気に入られていた萬は、粟田口の地元である京都の事務所にも呼ばれるようになっていた。

五月の夫はそこで後援会の会長をしており、五月も粟田口の秘書として働いていた。

事業計画の認可を受けるための賄賂を預かっていると、五月の夫が大金を差し出すが萬が受け取れないと返した。

様子を見ていた粟田口は五月の夫に圧をかけ、そのお金が入った箱を萬の車に積み込ませる。

後日、捜索令状を持った警察が萬の元に現れ、車にある現金を発見。

粟田口にハメられ、萬は逮捕されてしまった。

秘書が勝手にやったことだとシラを切る粟田口。

そして五月の夫は萬が逮捕された直後に首を吊って亡くなった。

夫を失った五月は、ナイフを持って粟田口に襲い掛かった。

粟田口を刺して自分も死ぬつもりだったのだが、失敗してしまったのだった。




粟田口の企み

粟田口、椎名、そして東都銀行の頭取・霧島と人事担当の高松は、会食をしていた。

大規模な施設を計画している粟田口に、融資について高松は融通をきかせると話す。

それを聞いた霧島はあいまいな笑いをするも、粟田口の脅しに負けてしまう。

会食の場から粟田口を見送ったサランの元に、萬と千代が現れた。

潜入捜査をしているんじゃないか聞く千代に、サランは報酬のために秘書になったと答えた。

そして粟田口のことを立派な人で自分を評価してくれている、成長できるのが楽しみだと笑う。

「負け犬だから勝てない。勝った方が正義」

こっちに戻ってこいと呼びかける萬にも、サランはひどい言葉を投げかけた。

もう顔も見たくないと千代はサランに告げて立ち去る。

涙をこらえるサランを、黒木が見ていた。

なんと粟田口は、サランの秘書バッチに盗聴器をしかけており、その会話を聞いていた。




サランの狙い

議員たちから、椎名からお金を受け取ったとの証言動画を多数入手したメンバーたちは、動画を拡散する準備をしていた。

いつもサランがやっているため、苦労してやっとネットにアップできると思った直後、突然すべての動画が消えてしまう。

ショックを受ける三和たちだったが、消えたはずの動画がネットに拡散されていくことに気付いた。

サランが遠隔で操作し拡散させたのがわかり、喜ぶメンバーたち。

しかし萬はサランの身が危ないと店を飛び出した。

萬と一男と千代

非常階段にいたサランは、粟田口の秘書バッチを投げ捨てた。

そのまま必死でパソコンを操作するサランの元に黒木が現れる。

パソコンを奪おうともみ合っているのを見つけた千代の兄・一男は、止めようとしたが、サランは階段から落ちて大ケガをしてしまう。

病室にかけつけた萬と千代は、サランを信じて守れなかったと悔やむ。

萬から、サランを病院に運んだのは一男だったと聞かされる千代。

一男が粟田口の元に運転手として潜入していたと知った千代は外に飛び出した。

車で去る一男を見つけて追いかけるが、千代を無視して走り去ってしまった。




【七人の秘書】7話の感想と考察、今後の予想

『七人の秘書』についての、ツイートの感想をまとめました。




【七人の秘書】7話の個人的な感想

サランは粟田口に盗聴されるのを知っていて、千代や萬に冷たい言葉を言ったとき、涙をこらえる表情だったのが切なかった…。

そしてとうとう千代の兄が出てきましたね!

個人的には黒木も粟田口の証拠をつかもうとしていたのかな?と。

サランのパソコンを奪おうとしたのは、証拠を手に入れたかったのと、粟田口から守ろうとしたのかな?とプラスで見てますが、どうなんでしょ…。

次がとうとう最終回!

粟田口をどのように懲らしめるのか楽しみです!




【七人の秘書】8話の予告動画

『七人の秘書』ドラマ7話が放送された後、第8話の予告動画が公開されました。

秘書を首になったメンバーたち。

解散の意味とは?




【七人の秘書】7話を無料で観る方法

『七人の秘書』は放送後、テレ朝動画で無料見逃し配信されています。

『七人の秘書』第7話の見逃し配信

無料期間

2020年12月10日 20:00終了予定

『七人の秘書』最終回8話についてはこちらの記事でまとめています↓

【七人の秘書】8話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想や考察も。

【七人の秘書】最終回8話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想や考察も。
【七人の秘書】最終回8話ネタバレあらすじ結末は?どこよりも詳しく解説!『7人の秘書』ドラマ最終回第八話のあらすじネタバレ! 木村文乃主演のテレ朝木曜9時のドラマ『七人の秘書』。 2020年12月...
\楽天お得情報/

 

\楽天トラベルならポイントも貯まる/

ここからクーポンを取得して予約する 

 

\特別版も販売中/

(売り切れる可能性があるためご了承ください)