ドラマ

【私たちはどうかしている】ドラマ3話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想。

【私たちはどうかしている】ドラマ3話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想。

『私たちはどうかしている』ドラマ第三話のネタバレ!

横浜流星さん、浜辺美波さんが主役を演じる水曜ドラマ『私たちはどうかしている』

2020年8月26日に第3話が放送されました。

『私たちはどうかしている』ドラマの第3話のあらすじやネタバレについてまとめています。

ツイッターによせられた感想や考察についてもまとめました。

ネタバレがあるのでご注意ください。

【私たちはどうかしている】ドラマ第3話の予告動画

『私たちはどうかしている』第3話予告動画はこちらです。

『私たちはどうかしている』第2話についてはこちらでまとめています↓

【私たちはどうかしている】ドラマ2話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想。

【私たちはどうかしている】ドラマ2話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想。
【私たちはどうかしている】ドラマ2話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想。『私たちはどうかしている』ドラマ第二話のネタバレ! 横浜流星さん、浜辺美波さんが主役を演じる水曜ドラマ『私たちはどうかしている』。...




【私たちはどうかしている】ドラマ3話のあらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

観月ありさ/alisa mizuki(@alisa_mizuki)がシェアした投稿

ここからはネタバレを含みます。

なぜ椿つばき(横浜流星)は『さくら』を憎んでいるのか。その理由を聞いた七桜なお(浜辺美波)は、自分が知らなかった母・百合子ゆりこ(中村ゆり)の意外な一面に衝撃を受ける。母の無実を信じて疑わなかった七桜の心は揺れ…。

そんな中、七桜の素性を知った今日子きょうこ(観月ありさ)は七桜を呼び出し、正体を暴こうとジリジリと追い詰める。椿の前で七桜の正体がバレる…と思ったその瞬間、なんと“七桜の母親”だと名乗る人物が光月庵を訪ねてきて…!?自分の母を名乗る見知らぬ女性に話を合わせ、なんとかその場をしのぐ七桜。知人から頼まれて七桜の母のふりをしたという彼女の話を聞き、七桜は母の手紙を渡してくれた多喜川たきがわ(山崎育三郎)ではないかと考える。

自分たちの結婚式で出したい御菓子があるという椿は、七桜を古い菓子帳の眠る物置へ連れていく。しかし、隠し事をしている様子の七桜を突然物置に閉じ込める!途方にくれる中、七桜はふと手に取った菓子帳に見覚えのある母の字を見つける。そこには、桜の御菓子のデザインがびっしりと描かれていた。再び母の潔白を確信し、多喜川に会いに行こうと決意する七桜。食事を運んできた椿の不意をついて逃げ出すが、待ち構えていたように七桜の頭上に壺が落下!とっさに七桜をかばった椿が右手に怪我を負ってしまう。

翌日、金沢屈指の茶道の流派・草薫会そうくんかいから椿に御菓子の依頼が入る。大旦那(佐野史郎)も招かれている大事な茶会。下手な御菓子を出せば光月庵の看板に傷がつく。右手の怪我のせいで満足な御菓子を作れない椿は、作りたい気持ちを抑え、依頼を断ろうとする。しかし、椿の気持ちを汲んだ七桜は、茶会の亭主の前で「お任せください」と宣言する。

店を立て直す力になりたいという七桜に動かされ、二人三脚で茶会の御菓子作りを始める。しかし、その先に数々の難関が待ち構えていた…!!

番組公式サイトより引用




【私たちはどうかしている】ドラマ3話ネタバレ

『さくら』に消えてもらうと言った椿。

「どうして?」

庭の椿の花が満開になった夜明け前、『さくら』の母親が父と会っていたのを目撃し、その日に父が殺されたからだと答えた。

そこから椿の中では『さくら』が憎い存在になっていた。

信じたくない七桜は自分が『さくら』だと絶対バレないようにしなければと思う。

椿は七桜の背中を見て、何かを考えていた。

今日子

今日子は興信所からの調査で、七桜が『さくら』だと気付いてしまう。

翌日、今日子は七桜に、光月庵に代々伝わる着物を着てほしいと、真っ赤な椿の着物を着せようとする。

七桜は発作を起こしてしまう。

「ねぇ、七桜さん。あなたのお母さまはどうしているの?」

怖い顔で問い詰める今日子に、七桜は発作を起こしながらも事故で亡くなったと答える。

15年前にどこにいたのか、七桜の正体が何かと怖い顔で問い詰める今日子。

そこに椿がやってきた。

直後に城島が来て、七桜の「母親」と名乗る人物が現れたと告げた。




母親

通された場所にいた着物の女性は、七桜に嬉しそうに駆け寄る。

「花岡夕子」と名乗った女性は、椿と今日子に故郷の輪島の名産を渡し、七桜もそこで育ったと話す。

18歳の時に七桜が出ていき音信不通だった、結婚のことを親戚から聞いて来たと七桜に笑いかける。

母親は事故で亡くなったと言ったのは、縁を切るつもりで家を飛び出したからだと七桜も話を合わせる。

椿は「母親」に七桜を必ず幸せにすると言った。

七桜と夕子が出て行ったあと、結婚式を来月の25日にすると今日子に告げる椿。

どうしてあの子にこだわるのかと今日子に詰め寄られ、本気なのかと聞かれた椿は立ち去った。

椿が結婚式をすると言った日は、大旦那が毎年茶会を開いている日だった。

「母親」の正体

夕子には常連客に人助けとして依頼されたと答えた。

七桜は母の手紙を届けた男性か、会いたいと頼む。

夕子は小料理屋を営んでおり、名刺を渡してくれた。

光月庵に戻った七桜に、椿は結婚式で出したい代々伝わるお菓子を出したいと物置に連れて行った。

椿をごまかせたと思った七桜だったが、疑う椿に物置に閉じ込められてしまう。

一方、椿の元婚約者の栞は、取り柄もないお前は早く嫁に行けと言われていた。




狙われた七桜

物置に閉じ込められた七桜は、そこで菓子帳を見つける。

15年前の菓子帳には、母親の字で桜の和菓子がたくさん書かれているのを見つけて、母親を信じると決心する。

様子を見に来た椿は、目の前で倒れている七桜に駆け寄った。

七桜は椿にキスをし、隙をついて外に出た。

そんな七桜の頭上から壺が落ちてくる。

七桜をかばって椿はケガを負ってしまった。

椿の優しさ

部屋で寝込んでいる椿を見に来た今日子へ、椿は冷たくあしらう。

結婚を妨害するために今日子が仕掛けたのだろうと話す。

椿は七桜を物置に閉じ込めたのは、七桜を守るためだったのがわかった。

女将は部屋で誰かと話していた。

「あなたなんでしょう。余計な事をしたのは。単独行動はやめてちょうだい」

光月庵の作業着の人物に話していた。




草薫会

草薫会(そうくんかい)という有名な茶会の和菓子を椿に依頼がきた。

手をケガした椿は断ろうとしたが、七桜が椿を手伝うからと引き受ける。

椿は本当は作りたいと考えているのがわかったからだった。

七桜をまず着物に着替えさせ、茶道を教える椿。

そこに大旦那がやってきた。

「偽りの心を持つ者が作ったものを食べる気にはならん」

客として呼ばれている大旦那は、草薫会の和菓子を食べないと言って立ち去ってしまった。

父の日に開催される茶会では『落とし文』という、親の愛を伝える和菓子を作るのが決まっていた。

城島

朝起きて七桜がいないことに焦った椿が探し回ると、『落とし文』を一晩中考えていた。

椿が七桜に和菓子の作り方を教えていると、城島がやってくる。

楽しそうに笑っている七桜に、自分の前では笑っていないと椿は絡む。

その様子を城島が複雑そうな顔で見ていた。

夜も頑張っている七桜に、城島が休憩しないかとお茶を持ってきた。

『落とし文』の意味は『親への想い』だが、もう一つの『隠された想い』の意味の方が好きだと城島は意味深に言った。




大旦那との確執

七桜が作った『落とし文』を椿は認めたが、一つだけ自分が作りたいと椿は作り始める。

大旦那とのことを聞かれた椿は、思い出を話し始めた。

大旦那に何かを隠しているんじゃないかと問われた幼い椿は、15年前の事件の日、父親と七桜の母がキスしていたのを見てしまったと話した。

驚いてその場を立ち去ったが、気になり早朝見に行ったら父親が血を流して倒れていた。

「嘘つきが!」

大旦那は激怒し、その日から自分の和菓子を一口も食べてくれなくなったと話す椿。

椿は大旦那に認めてもらいたくてずっと努力していた。

自分の命より血縁を大事にする大旦那へ、椿はこの店を必ず自分が継ぐと必死だった。

草薫会に来ない大旦那

草薫会の会場に大旦那が来ていないことを知り、七桜はさがしにいく。

捜しに行った先で、母の手紙を渡した男性、多岐川に出会った。

茶会が終わったら話そうと約束をする。

廊下で苦しそうにしている大旦那を見つけた七桜が駆け寄るが、大旦那は庭を眺めていただけだと強がる。

体をおして茶会の会場へ向かう大旦那を支えようとしたが、振り払われてしまう。

「お前は椿のどこが好きなんだ?」

和菓子を作り続ける椿はバカみたいに純粋な人だと反論した。

椿はその様子を聞いていた。

倒れかけた大旦那を支え、茶会の会場へ連れて行った。




『落とし文』への想い

七桜を抱きしめ、緊張していると弱音を吐く椿。

絶対大丈夫と椿を励ます七桜に、椿は安心して笑う。

父の日の『落とし文』に、光月庵の和菓子こそが父が自分へ残してくれた愛だ、『光月庵の「高月椿」』として継いでいきたいという気持ちを込めたと椿は話す。

周りには好評だったが、大旦那には食べてもらえなかった。

多岐川

茶会の後、約束していた男性、多岐川が帰りそうなのを見て呼び止める七桜。

「今日の和菓子はお母さんと同じ味だった」

多岐川は代々続く地主で、忙しい家族が光月庵の和菓子を食べる時は集まる、その和菓子を作っていたのが七桜の母だったと話す。

七桜に渡した母からの手紙は、去年亡くなった父から預かったものだった。

娘に渡してほしい、力になってほしいと頼まれたと七桜に笑いかける。

多岐川は七桜が和菓子を作り続ける限り、見守ると言って立ち去った。




大旦那の気持ち

椿と七桜は、大旦那が『落とし文』残したのではなく、持ち帰るために包んでほしいと頼んでいたことを知った。

大旦那は息子(椿の父)の遺影の前で、『落とし文』を食べていた。

その様子をこっそりと見ていた七桜と椿。

「まだまだだな」

椿は涙を流した。

部屋に戻ってから、七桜と結婚を決めてからいろんなことが起きると椿は話す。

一人の女として七桜に惹かれていると言うが、もしお前が『さくら』ならこの気持ちを殺さなければならないとも。

「お前は花岡七桜なのか、それとも『さくら』なのか」

犯人の正体

その頃、今日子は七桜から盗んだものを見ていた。

それは夕子から渡された名刺だった。

「おかげでうまくいったわ」

睡眠薬入りのお茶を七桜に持っていかせ、眠っている間に盗んだのだ。

七桜にお茶を持っていき、壺を落とした人物の正体は城島だった。

城島は封筒に入ったお金を見ながら、椿の涼しい顔がムカつくと言う。

「もっといいことを思いついた。奪うんですよ、大事なものを」

そう笑った。




『私たちはどうかしている』はHuluで配信中!

オリジナルドラマ『女将の部屋』はHulu限定配信です。

\2週間無料おためし/
Hulu
hulu

【私たちはどうかしている】3話の感想と考察、今後の予想

『私たちはどうかしている』についての、ツイートの感想や考察などをまとめました。




【私たちはどうかしている】3話の個人的な感想と考察

城島の正体まで出ましたね!

今日子(観月ありさ)の歌う「かごめかごめ」が怖すぎて…。

城島くんは良い子だと最初普通に騙されていたので、ショックでした。

そして多岐川さんがものすごく紳士!

味方がいると気付けただけで、七桜の気持ちを考えたらほっとしただろうなぁとしっかり感情移入しながら観ています。

最終回が9月30日で2時間スペシャルに決まったと発表されていました。

漫画ではまだ完結していないので、ドラマオリジナル展開になるのかな?

次回は城島とどうなるのか!?楽しみです。




【私たちはどうかしている】4話の予告動画

『私たちはどうかしている』ドラマ3話が放送された後、第4話の予告動画が公開されました。

『私たちはどうかしている』第4話についてはこちらの記事でまとめています↓

【私たちはどうかしている】ドラマ4話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想。

【私たちはどうかしている】ドラマ4話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想。
【私たちはどうかしている】ドラマ4話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想。『私たちはどうかしている』ドラマ第四話のネタバレ! 横浜流星さん、浜辺美波さんが主役を演じる水曜ドラマ『私たちはどうかしている』。...




【私たちはどうかしている】3話を無料で観る方法

『私たちはどうかしている』は放送後TVerで無料見逃し配信されています。

『私たちはどうかしている』第3話の見逃し配信

無料期間

放送開始 ~ 1週間

その後『私たちはどうかしている』はHuluのみでの配信となっています。

Huluは初回登録で2週間無料体験ができます。

とま子
とま子
独占限定配信の番組も多いので、まずはお試ししてみてはいかがでしょうか?

無料登録期間に解約すれば料金はかかりません!

\2週間無料おためし/
Hulu
hulu

※本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

『私たちはどうかしている』原作漫画については以下の記事もご覧ください。

【私たちはどうかしている】原作漫画ネタバレあらすじ。これを見れば全てわかる!

【私たちはどうかしている】原作漫画ネタバレあらすじ。これを見れば全てわかる!
【私たちはどうかしている】原作漫画ネタバレあらすじ結末は?【私たちはどうかしている】漫画のネタバレあらすじ結末は?無料で読む方法はある? 『私たちはどうかしている』漫画作品がドラマ化しまし...
\楽天お得情報/

\GoToキャンペーンで最大半額/

\自粛太りに!/

created by Rinker
¥59,800
(2020/09/20 22:05:18時点 楽天市場調べ-詳細)

(売り切れる可能性があるためご了承ください)