ドラマ・映画

【私たちはどうかしている】ドラマ最終回8話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想。

【私たちはどうかしている】ドラマ最終回8話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想。

『私たちはどうかしている』ドラマ第八話のネタバレ!

横浜流星さん、浜辺美波さんが主役を演じる水曜ドラマ『私たちはどうかしている』

2020年9月30日に第8話・最終回が放送されました。

『私たちはどうかしている』ドラマの最終回、第8話のあらすじやネタバレについてまとめています。

ツイッターによせられた感想や考察についてもまとめました。

ネタバレがあるのでご注意ください。

【私たちはどうかしている】ドラマ最終回8話の予告動画

『私たちはどうかしている』第8話・最終回の予告動画はこちらです。

『私たちはどうかしている』第7話についてはこちらでまとめています↓

【私たちはどうかしている】ドラマ7話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想。

【私たちはどうかしている】ドラマ7話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想。
【私たちはどうかしている】ドラマ7話ネタバレあらすじ。どこよりも詳しく解説!感想。『私たちはどうかしている』ドラマ第七話のネタバレ! 横浜流星さん、浜辺美波さんが主役を演じる水曜ドラマ『私たちはどうかしている』。...




【私たちはどうかしている】ドラマ最終回8話のあらすじ

 

この投稿をInstagramで見る

 

清野菜名 浜辺美波 ファンアカウント(@nana_minami_love)がシェアした投稿

ここからはネタバレを含みます。

血のつながりで後継者を選ぶという古い慣習を破る覚悟を決め、遺言書を燃やした大旦那(佐野史郎)。そんな祖父の思いに触れた椿つばき(横浜流星)は、目の症状が悪化する中、除夜祭での七桜なお(浜辺美波)との対決に必ず勝とうと決意する。

一方、七桜は店を閉めて対決の準備に集中していた。多喜川たきがわ(山崎育三郎)は、七桜が光月庵に縛られた椿を自由にするために勝ちたいという健気な思いを察する。しかし必死になるあまり、七桜はプレッシャーから初めて御菓子作りを怖いと感じ、スランプに陥ってしまう。その弱気な姿を見て、七桜を励ます多喜川だが…。

その頃、椿に拒絶され、自己嫌悪に陥ったしおり(岸井ゆきの)は城島じょうじま(高杉真宙)に椿の子を妊娠したのは嘘だったことを告白する。城島に親の愛を気づかされた栞は、自分の気持ちを押し殺して椿のために心を注ぐ七桜を眩しく思い、ずっと言えなかった真実を話そうと、城島と2人、『花がすみ』を訪れる…。

そんな中、今日子きょうこ(観月ありさ)は、栞の妊娠が嘘であることを見抜きながらも、無理矢理にでも椿との結婚話を進めようと策略を巡らせていた…。どんな手を使ってでも椿に光月庵を継がせようとする今日子に追い詰められる栞だが…。

夕子ゆうこ(須藤理彩)に遭遇した椿は、3年前、七桜が抱えていた秘密を知る。七桜の気持ちを思い、激しい葛藤を抱える椿。火事の夜の真実を知った七桜。和菓子対決が終われば、勝っても負けても二度と会えなくなる…2人はたまらずお互いの元へと走るが…!?

いよいよ運命の対決が幕を開ける!七桜と椿、光月庵を手にするのは!?そして、ついに謎に包まれた当主殺害事件の衝撃の全貌が明らかに!!真犯人は一体誰なのか――!?

番組公式サイトより引用




【私たちはどうかしている】ドラマ最終回8話ネタバレ

大旦那は遺言書を燃やしてまで、跡継ぎへの慣習を変えようとしていた。

大晦日の対決が迫る中、七桜は和菓子作りを頑張りすぎて和菓子への想いがわからなくなってしまう。

多喜川は七桜の気持ちを知り、何もかも終わったら自分と結婚してほしいと告白した。

一方栞は椿に拒否されたショックや罪悪感から、ミスをしてしまう。

助けてくれた城島に、妊娠は嘘だったと涙ながらに告白する。

火事の日の真実

城島と栞が七桜の元を訪れた。

栞は妊娠は嘘だったと七桜に告白する。

そして3年前の火事の日、椿は七桜の元へ戻ろうとしていた真実を告げた。

光月庵で代々伝わる道具箱を火事の中運び出したのは今日子だった。

栞は今日子にも嘘だったと伝えたが、今日子は椿以外でもいいから子供を作れと迫る。

椿は自分が絶対に勝つと宣言してそれを止める。

その時、目がくらみ倒れかけてしまう。

その様子を見て今日子は何かを考えていた。




2人の気持ち

七桜は、椿が自分の元へ来ようとしていることを知り気持ちが抑えられなくなる。

一方椿は、夕子から3年前に七桜が妊娠していたこと、流産したことを聞かされ動揺する。

七桜と椿はお互いへの想いが抑えられず会った。

お互いの気持ちを伝えあうが、椿の父・樹を殺したのが誰なのかが引っかかりためらってしまう。

もう勝負が終わったら会わないと伝えるが、気持ちが抑えられず最後の夜を一緒に過ごした。

勝負の日

椿と七桜は、大旦那への和菓子を披露する。

七桜が用意した気持ちのこもった和菓子は、母と約束した思い出の和菓子だった。

大旦那は優しい気持ちが伝わる和菓子に笑顔を見せる。

椿が用意した和菓子はとてもシンプルなものだったが、大旦那は一口食べて驚いた表情をする。

それは昔、大旦那が自分の息子である樹に教えた和菓子そのものだった。

椿は樹から初めて教わった思い出の和菓子を出したのだ。

大旦那は涙を流した。




勝負の結果は

選ばれた者の部屋が開けられるため、2人はそれぞれ部屋で結果を待つことに。

大旦那は今日子に跡継ぎを選ぶチャンスを与えた。

今日子は七桜と椿それぞれが作った和菓子をどちらか知らないまま食べ、椿が作ったと確信したものを選んだ。

しかしそれは七桜の和菓子だった。

部屋を開け、七桜が居たことに驚く今日子は、椿に対して怒りをあらわにした。

それを止めようとした大旦那だったが、突然倒れてしまう。

最期

自分の命が長くないと感じた大旦那は椿を部屋に呼んだ。

椿の和菓子は選ぶわけにはいかなかったと告げる。

その理由は、自分のためだけに作られた和菓子だったからだと。

椿はずっと大旦那に認めてもらいたかったと話す。

大旦那は、椿に今まで辛く当たってきたことを謝った。

そして、これからは何にも縛られず自由に和菓子を作っていいと伝え、息を引き取った。




光月庵

大旦那の告別式が終わり、椿は七桜へ光月庵をつぶさないでくれと伝え、洋服に着替えて出ていった。

光月庵をやっと手に入れた七桜だったが、気持ちがぽっかりと空いたような状態になってしまう。

多喜川に背中を押される七桜。

母が光月庵で売ることが夢だった『桜の羊羹』を完成させるために、気持ちを奮い立たせた。

赤い色粉を使おうとするが、やはり発作を起こしてしまう。

18年前の樹の死の真相を明らかにしなければ、この呪いからは解放されないと悟る七桜。

そこに今日子が現れ、力を合わせてこの店を守ろうと言うが、七桜は手を振り払う。

樹を殺したのは七桜の母だと言う今日子は、この店は渡さないと七桜に告げた。

本当の父親

城島と栞は、夕子の店を訪れていた。

その店に議員の溝口が現れた。

城島は椿の父親はあなたではないか、と迫る。

しかし溝口は違うと否定し、さらに本当の父親を知っていると言った。




18年前の噂

椿の本当の父親である人物と今日子が、2人で樹を殺害したと噂があった。

その人物の名前はなんと『多喜川』。

多喜川の亡くなった父親で、七桜の母の手紙をなぜか持っていた多喜川秀幸だった。

その頃、椿は職人の山口に呼び出されていた。

共犯者

嫌な予感がして今日子を探す七桜。

灯油のにおいがして樹の部屋へ向かうと、今日子が道具箱に火をつけようとしていた。

その瞬間、今日子に背後からナイフを突きつけた人物がいた。

驚く今日子はこう言った。

「どういうつもり?あなたと私は共犯でしょう?」

それは多喜川だった。

今日子は隙をついてナイフを奪い、道具箱に火をつけた。

七桜は光月庵を守るという椿との約束のために、両手をやけどしながらも必死で消そうとするが消えない。

そこに突如現れ火を消したのは椿だった。

多喜川と異母兄弟だったことに驚く椿に、今日子は自分の人生を語りだした。




今日子の人生

今日子は樹の元に嫁いだが、樹は別の人物を愛しており、自分に触れようとすらしないことに絶望する。

さらに離婚をつきつけられ、相手に子供ができたことを悟る。

自分にも子供ができればと考えた今日子は、常連客だった多喜川秀幸(多喜川の父)に接近した。

そうして椿を産み数年経ったころ、職人として入ってきた百合子(七桜の母)が樹の恋人だと知ってしまう。

光月庵と血の繋がりがない椿を跡取りにすることで、樹や大旦那への復讐ができると考えていた。




包丁

18年前の事件の日の朝、厨房から百合子の包丁を持ち出した今日子を目撃したと前任者から聞かされていた山口。

職人たちは事件の後、多額の退職金でいなくなっており、山口も確証がなく告発できなかった。

しかし椿と七桜の気持ちを考えた山口は、椿に伝えた。

それを聞いた椿は、光月庵に戻ってきたのだった。

今日子に真犯人なのかと迫る。

殺された樹を自分が発見したとき、庭から立ち去る今日子を見たことを思い出していた。

それは百合子に罪をなすりつけるため、包丁を厨房から持ち出そうとしていた今日子だった。

戻ってきた今日子は、動揺する椿を横目に、凶器の包丁と百合子の包丁をすり替えた。

真犯人

七桜は今日子に犯人じゃないかと詰め寄った。

しかし、今日子は凶器をすり替えただけだと言う。

今日子は七桜に憎しみをもって、ナイフを持ち向かってきた。

椿は七桜をかばって抱きしめた。

振り返ると多喜川が今日子のナイフを素手で止めていた。

「あなたが守ってあげなきゃね。だってあの子の父親も母親も奪ったんだから」

今日子は多喜川に意味深な言葉を言う。

多喜川は今日子からナイフを奪って言った。

「そうですよ、僕が殺したんです」




18年前の真実

父の秀幸が今日子と不倫したせいで、多喜川の家庭は崩壊寸前になっていた。

その頃偶然、七桜の母・百合子は今日子の密会現場を見てしまい、今日子にクビを言い渡されてしまう。

今日子は百合子を追い出そうとするが、逆に百合子から樹を返してと言われてしまう。

怒りで震える今日子は、我慢できず秀幸に百合子か樹を殺してほしいと電話をかける。

今日子に今夜会いに行くと言っている電話を聞いた多喜川の母は、自殺未遂をしてしまう。

目撃してしまった多喜川は、父が許せず今日子と別れさせるために母が手を切った包丁を持ち高月家へ乗り込んだ。

殺すつもりじゃなかったが、忍び込んだところを樹に目撃されてしまう。

女将の居場所を聞く多喜川を止めようとした樹に包丁が刺さってしまう。

今日子が来たのを気付いた多喜川は、そのまま逃げだした。

刺された樹を発見した今日子が駆け寄り救急車を呼ぼうとするが、大事にしたくないと樹はそれを止めた。

樹は今日子に謝り、椿と光月庵を頼むと伝える。

今日子は樹に愛していると伝え、助けようとする。

しかし、最期の最後に百合子の名を呼び息を引き取った樹。

今日子は怒りと復讐心から、百合子に罪をなすりつけ七桜たち親子を追い出したのだった。




多喜川の気持ち

多喜川の告白に驚きを隠せない七桜。

椿は、なぜ事件から15年も経って七桜の前に現れたのかと問う。

事件があった後、樹を殺したのは今日子だと思った多喜川の父・秀幸は今日子と距離を置いていた。

七桜の母・百合子は今日子の罪をなすりつけられたのだと思い、秀幸は百合子を支え七桜への手紙を預かった。

それは20歳になった七桜へ宛てた手紙だった。

多喜川は父親の死の直前にその手紙を託された。

両親が亡くなったことで自首しようと覚悟した多喜川は、最後のつもりで七桜へ手紙を渡しに行った。

そこで和菓子職人として働く七桜を見て、自分が奪ってしまった七桜の居場所であった光月庵を取り戻そうと誓ったのだった。

事件の呪い

以前働いていた和菓子屋に送られてきたメールも、七桜を光月庵へ向かわせようとする多喜川の仕業だった。

そして週刊誌の記者へ、樹の事件を調べるように情報を流した。

今日子への憎しみから多喜川は、今日子のノドにナイフを突きつける。

そこにパトカーのサイレンが聞こえてきた。

多喜川は今日子を殺して自首するつもりだった。

七桜は椿の母親を殺さないでと多喜川を止める。

椿はナイフを奪おうとするが、多喜川はそれでも今日子を殺そうとする。

多喜川は七桜に抱きとめられ、ナイフを落とした。

多喜川への怒りはあったが、七桜は事件の真相を知り、呪いから解放されたと涙ながらに告げる。

多喜川は七桜に涙ながらに謝った。




七桜の気持ち

多喜川は警察に連行されていった。

やけどの手当てをしてくれる椿に、すぐに目の治療をしてほしいと頼む七桜。

椿はそれを見て、七桜が光月庵を手に入れようとしていたのは自分のためだったと知る。

その時、今日子の姿がないことに気付いた。

今日子

今日子は呆然とした状態で道を歩いていた。

そこで楽しそうにしている子供の姿を見て、自分と幼い椿を思い出す。

椿がかわいくて仕方なかったが、跡取りとして厳しく育てたことが記憶によみがえる。

やっとできた本当の家族だった椿との関係を壊してしまったことに涙を流す。

その時、子どもにトラックが迫ってきたのを気付いた今日子。

とっさに子ども押し出したが、迫りくるトラックを見て、椿の名前を呼び立ち尽くした。

連絡を受けた七桜と椿が病院に向かうと、そこには息を引き取った今日子の姿があった。

そこに椿の主治医が現れ、今日子が親族への臓器提供への意志を書面に残していたことを聞かされた。

実は今日子は椿の目の異変に気付いていた。

今日子が必死に治療法を調べている姿を職人の富岡から聞かされた椿。

最後の勝負の時に何も裏工作などをしなかったのは、椿の目の治療と自分に何かあった時の手続きを必死になってしていたからだった。

息子である椿を想う、母親としての今日子の気持ちを椿は知り泣き崩れた。

七桜は、椿のために今日子がわざと事故にあったのではと考え涙した。

目の手術を控えた椿に、七桜は椿にしか作れない和菓子を自由に作ってほしいと別れを告げた。




それぞれの道

1か月後に椿は退院を迎えた。

光月庵では、当主として頑張る七桜の姿があった。

赤の色粉も使えるようになった七桜は、過去の呪いから解放されていた。

城島は実家である『しまやのわらび餅』を完成させ、能登に戻り店を再開することに。

なんと城島は栞を誘い、栞も一緒に能登に行くことになった。

厨房は幸せな雰囲気になり喜ぶ七桜だったが、山口にこのままで良いのかと言われてしまう。

ふと型抜きを見て、椿とずっと一緒に和菓子を作ろうと約束した子供の頃の思い出がよみがえる。

それから椿と再会し過ごした日々を想い駆け出す。

七桜は椿の型抜きを持ち、椿の元へ。

目の手術を終えた椿と再会した七桜は、光月庵に戻ってきてほしい、自分には椿が必要だと伝える。

「初めて出会ったあの日からずっと私は、椿のことがどうしようもなく好きなの」

椿は七桜を抱きしめた。

「おまえを愛してる」

2人はこれからずっと一緒にいようと誓った。

『私たちはどうかしている』はHuluで配信中!

\2週間無料おためし/
Hulu
hulu

【私たちはどうかしている】最終回8話の感想

『私たちはどうかしている』についての、ツイートの感想や考察などをまとめました。




【私たちはどうかしている】最終回8話の個人的な感想

多喜川の父が椿の父親だったのは原作と同じでしたね!

七桜を支えていた多喜川が真犯人だと知った七桜はショックだったでしょうが、ずっと支えていた多喜川への複雑な気持ちがあるのもわかる…。

今日子もかわいそうな人で、生きるのに必死だったんだなと。

城島と栞はベストカップルな気がしますね。

どうなるかと思いながら毎週見ていましたが、一応ハッピーエンドになってよかったです。




【私たちはどうかしている】Blu-ray&DVD-BOX発売決定

『私たちはどうかしている』のBlu-ray&DVD-BOXの発売が決定しました。

【Blu-ray BOX】

5枚組(本編4枚+特典1枚)

価格:24,000円(税抜)

【DVD-BOX】

5枚組(本編4枚+特典1枚)

価格:19,000円(税抜)

【共通特典】

【先着購入者特典】オリジナルポストカード(2枚組)

2月23日まで定価よりも安い特別価格ですのでお早めに!

▼DVD-BOX▼

▼Blu-ray-BOX▼




【私たちはどうかしている】全話・最終回8話を無料で観る方法

『私たちはどうかしている』は放送後TVerで無料見逃し配信されています。

『私たちはどうかしている』第8話の見逃し配信

無料期間

放送開始 ~ 1週間

その後『私たちはどうかしている』はHuluのみでの配信となっています。

Huluは初回登録で2週間無料体験ができます。

とま子
とま子
独占限定配信の番組も多いので、まずはお試ししてみてはいかがでしょうか?

無料登録期間に解約すれば料金はかかりません!

\2週間無料おためし/
Hulu
hulu

※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

『私たちはどうかしている』原作漫画については以下の記事でまとめています↓

【私たちはどうかしている】原作漫画ネタバレあらすじ結末は?

【私たちはどうかしている】原作漫画ネタバレあらすじ。これを見れば全てわかる!
【私たちはどうかしている】原作漫画ネタバレあらすじ結末は?【私たちはどうかしている】漫画のネタバレあらすじ結末は?無料で読む方法はある? 『私たちはどうかしている』漫画作品がドラマ化しまし...
\楽天トラベルならポイントも貯まる/

ここからクーポンを取得して予約する 

\楽天お得情報/

 

(売り切れる可能性があるためご了承ください)